【DTM塾】実践講座第7回「UAのある暮らし~Apollo Twin体験会~」【レポート】

毎月開催のスキルアップセミナー「DTM塾」

【レポート】実践講座第7回「UAのある暮らし~Apollo Twin体験会~」

画像
こんにちは!
島村楽器鹿児島店デジタルアドバイザーの西牟田です。

台風、、、きてます。

画像
2017年台風18号さん

台風といえば・・・
DTM日和ですね!!!!!

あ、でも停電に備えてバックアップや制作中のセーブはこまめに行いましょうね。

・・・まじめな話、電源タップは雷サージ対応のをちゃんと使ってますか?
機材のケアも、DTMerの大事な心得です。

ちなみにUPS(無停電電源装置)っていう機械もありまして、
突然の停電が起こった際に、作業途中のパソコン等の電源が落ちないよう
電力を一定時間供給をしてくれる装置もあります。

画像

みなさんも一度は経験したであろう、
編集作業が台無しになるあの瞬間、、、、

あの絶望からおさらばできる機材。
ぜひ導入されてみてはどうでしょうか。

―さて、台風ばりに話が逸れてしまいましたが、

9月のDTM塾は、"あの"インターフェースの体験会を
させていただきました。

オーディオインターフェース

画像

みなさんはどんなオーディオインターフェース(以下、IF)
お使いですか?

おそらくほとんどの方が、
「DTMをはじめたときに買ったIFを使い続けている」
と仰るでしょう。

実際私も高校生の頃、DTM機材をそろえ始めたとき
1万円くらいのIFを買いまして、4年くらいは使い続けていました。

しかしですね、、、

機材アドバイザーとして、また1クリエイターとして
いろいろ勉強して判ったんです。

音楽制作の中で一番金をかけるべき機材はIFである
と。

これ、私胸を張って断言します。

縁の下の力持ち

画像

なんとなくIFってとっつきづらい機材ですよね。

導入しないといけない理由や、活用法がいまいち
つかめない。そんな機材だと思います。

「必要最低限の入力ができればいい」

そうお思いの方も多いでしょう。
実際私も、その一人でした。

しかし音楽制作をする上で、この機材の選び方を間違ってしまうと
実は大変なことになります。

以前、青木繁男氏に当店でセミナーをしていただいたときです。

「ミックスが下手なやつがいたんですけど、下手な原因はIFにあったんです。」

青木さんはこう仰っていました。

どういうことかというと、いわゆる安物のIFは、入力音は勿論、出力される音にまでノイズなどの"不要な味"がのってしまい、正確な音でモニターすることができず、結果、ミックスに失敗してしまうということなんです。

―今回のDTM塾では、実際に1万円ほどのIFと、
今回紹介する「APOLLO TWIN」というIFの聞き比べをしてみました。

「さて、どちらがミックスしやすそうですか?」
と投げかけてみたところ、

参加者様全員がAPOLLO TWINの方に手を挙げました。

実際、比べてみると1万円のIFでは高音域は削られ、中音域は濁り、低音は分離が悪い印象を受けました。
これでは正直、音量・音質・定位を調整するミックスは困難を極めるでしょう。

なかなか比較する機会がない機材なので、
その重要性を軽視されがちなIFさんですが、

明らかにIFで音が変わることを
聞き比べした全員が理解できるほどの違いがあったわけです。

APOLLO TWIN

「西牟田さんは何のIFを使っているんですか?」

店頭でお客様によくこう質問されるんですが、
実は私も、今回紹介する「APOLLO TWIN」を使っています。

ざっと調べた限りでは、

(敬称略)
TeddyLoid、滝 善充(9mm Parabellum Bullet)、tofubeats、圭[BAROQUE]、COR!S、Galileo Galilei、中田ヤスタカ、、、etc

などなど著名なクリエイター・アーティストが挙ってこのAPOLLOを
導入しています。
(上記にはラックモデル使用者も含まれています。)

―さて。
ではここでお値段確認しましょうか。

画像

メ―カー 型名 価格(税込)
UNIVERSAL AUDIO ApolloTwinMKII/DUO ¥110,160

・・・はい。じゅうまんえんです。

・・・え?

高いですか!?

・・・まあなかなかしますよね冷静に考えて。笑

けどセミナー後

「やっぱり高いと思いますか?」「安いまたは妥当と思いますか?」

という質問をすると

後者に全員が手を挙げてくださいました。

このIFの良さを伝えるにはレポートの枠では収まらないので、
1つだけ、他のIFでは絶対にできない魅力をご紹介します。

UADプラグインが使える!

画像

このIF(APOLLO TWIN)を創っているUNIVERSAL AUDIO(ユニバーサルオーディオ)社は、
MarshallのアンプやSSLのチャンネルストリップ、コンプレッサーやEQなど、
実在する本物のアナログ機材をエミュレート(再現)した
特別なプラグインエフェクト「UADプラグイン」というも開発しているんです。

このUADプラグインが "使用出来る!"
とはどういうことなのでしょう?

そのためには、DSPというものを理解する必要があります。

DSPとは

画像

「DSP搭載!」という文言を、よくIFの商品説明でみませんか?

DSPとは、デジタルシグナルプロセッサの略で、
要はオーディオ信号の処理ができるICチップのことなんです。

このDSPが搭載されているIFは、
IF内で音にエフェクト処理を施すことが出来ます。

たとえばアンプシミュレーターやコンプを掛け録りしたり、
ボーカルにリバーブをかけてモニターしたりなど、
かなり便利に活用することが出来ます。

「・・・え?それDAW上でやればよくない?」
「プラグインなんてDAWでかければええやん」

というご意見もありますね。ごもっともです。

しかしDSP(IF)でエフェクトをかけるメリットは
"PCに負荷をかけない"という点にあります。

ミックスを進めていくとエフェクトのかけすぎでDAWが重くなり、
最悪再生できずフリーズなんてこともよくある話ですし、

たとえばDAW上でアンプシミュレーターをかけたままギターを録音すれば、
当然レイテンシーが生まれます。

DSPはオーディオ処理のみに特化したプロセッサなので、
アンプシミュレーターを掛けてもほぼゼロレイテンシーで
モニター・レコーディングが可能なんです。

もちろん、PCに全く負荷をかけることなく、です。

DSPで扱えるプラグインは決まっている

画像

ここで注意点としては、通常の他社製プラグインを
DSPで処理させることができるわけではありません。

DSP搭載機器を作るそれぞれのメーカーが、
それ専用に作ったDSP専用のプラグインしか、
基本的には使うことはできない
んですね。

―そうです。

「UAD」プラグインは、ただのプラグインではなく、
同社が作っているDSP搭載の機器を持っていないと使うことができない
DSP駆動専用のプラグインなんです。

そして、お察しが良い方はもうお判りでしょう。

同社IFである「APOLLO TWIN」には、
このUADを扱うことができるDSPが搭載されています。

UADプラグインの魅力

画像

さて、というわけでUA製DSP搭載の機材を持っていないと
使えないという不便なプラグイン「UAD」ですが、

プロにAPOLLOを選んだ理由を伺うと、挙って

「UADプラグインが使えるから」

と声を揃えます。

「そんなにいいプラグインなの?」
「WA〇ESやI〇Multimediaのプラグインとかと何が違うの?」

もちろんこんな疑問がよぎるでしょう。

UADについて、メーカーサイトにはこう紹介しています。

"世界でもっとも本格的なアナログエミュレーション"

・・・ものすごい自信ですね・・・

先程も少し説明したように、
本物のアナログ機材を再現したエミュレート系プラグインなんですが、
メーカーがこれだけ自信を持っているのには理由があります。

それは、

"エミュレート元の機材ブランド各社と共同開発している"

という点です。

要は「御本人から直々に指導を受けた公認のマネっこ」
なんです。

画像
こんなに著名な有名ブランドと共同開発している

ここが、他社製エミュレート系プラグインの質を明らかに凌駕する理由であり、
UADが数多のプロアーティスト・エンジニアから愛される理由なんです。

掛け録りだけじゃない!

APOLLO TWINにはAPOLLOコンソールというソフトウェアが付属していて、
このミキサーのような画面でAPOLLOの入出力を管理できます。

画像

UADプラグインを使う場合は、このAPOLLOコンソール上で、
INPUTチャンネルなどにインサートして利用します。

―ここまでの話だと、このUADプラグインはIF上でかかるんだから
「掛け録りやモニターにしか使えないのでは?」
というお声も出てくるかもしれません。

が、ご安心ください。

いつも通り、他のプラグイン同様、
DAW上でトラックにインサートして使うことが出来ます。

そして重要なのは、
このようにDAW上でインサートする方法を利用しても、
エフェクトは自動的にDSPで処理してくれます。

(PCにほとんど全く負荷をかけないということですね)

快適なミックス環境と、本物のサウンドクオリティを
一気に手に入れられるIF。これが「APOLLO TWIN」なんです。

ラインナップがあります

というわけで、単純な入出力音の良さはもちろん、
UADプラグインも使用出来るDSPが搭載のAPOLLO TWINですが、

DSPチップの搭載枚数と、接続規格の違いで
いくつかランナップが存在します。

画像

メーカー 型名 価格(税込) 備考
UNIVERSAL ADUIO ApolloTwinMKII/SOLO ¥85,320 DSPチップ1枚搭載
Thunderbolt接続

画像

メーカー 型名 価格(税込) 備考
UNIVERSAL ADUIO ApolloTwinMKII/DUO ¥110,160 DSPチップ2枚搭載
Thunderbolt接続

画像

メーカー 型名 価格(税込) 備考
UNIVERSAL ADUIO ApolloTwinMKII/QUAD ¥159,840 DSPチップ4枚搭載
Thunderbolt接続

画像

メーカー 型名 価格(税込) 備考
UNIVERSAL ADUIO ApolloTwin/USB ¥103,680 DSPチップ2枚搭載
USB3.0接続

現状WindowsユーザーはUSB3.0接続モデル、
MacユーザーはThunderbolt接続モデルが選択肢となるでしょう。

店頭でいつでもお試しできます

画像

店頭には「ApolloTwinMKII/DUO」が展示機としてスタンバイしています。
是非私をつかまえて、体験しにいらしてください。

次回(10月29日)入門講座第5回「いざ作曲!ミックス入門編」

次回10月は入門講座!
「ミックス」についてお話します。

ミックスってなに?という方、
曲のバランスの整え方を知りたいという方、
必見でございます。

ご予約はお早めに!

11月は特別編!

http://kagoshima.shimablo.com/entry/2017/07/26/175755

11月のDTM塾は特別編!プロアーティストによるCUBASEセミナーを開催致します。
初心者・経験者問わず、ご参加お待ちしています!

※記事更新時点で参加可能枠がのこり5名ほどとなっています。
ご予約はお早めに!

店舗名

島村楽器 鹿児島アミュプラザ店|

電話番号 099-812-6818
担当 西牟田(にしむた)

お気軽にお問い合わせください!

まとめページはこちらをクリック!

この記事を書いた人

画像

名前 西牟田 和真 (ニシムタ カズマ)
プロフィール デジタルアドバイザー・DTMセミナー講師の西牟田です。現在ゲーム音楽や主題歌の作編曲から効果音制作まで、サウンドクリエイターとして楽曲提供も生業としていますので、音楽制作やデジタル機材・ソフトに関することならお任せください。また仕事を生かしてピアノ・ギター・チェロなど様々な楽器演奏も経験しております。総合楽器店員として様々なサポートを致します!是非お気軽にお声掛けください。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。