【イベントレポート】パチカライブ&ワークショップ

皆さんこんにちは。島村楽器鹿児島店の海江田です。
今回は7月4日(火)に開催された「パチカライブ&ワークショップ」のイベントの模様をレポート致します。

今回使用する楽器"パチカ"とは?

画像
もともとアフリカの民族楽器で、セネガルやマリ共和国などで、母親が子供に作って与える玩具です。日本で例えるならば、あやとりやお手玉といったところでしょう。現地では、アサラト、ケスケスと呼ばれ、地域によって色々な呼び名があります。それをプラスチック化し、壊れにくく、安価で提供できるように作られたのがパチカです。パチカの奏法は、日本で創作されたものが多く、アフリカ生まれの日本育ちの楽器です。現在、各楽器店を販売網としており、楽器として認知されています。

kakuei=PATICAMANのプロフィール

画像
大学在学中にアサラト(アフリカ原産の打楽器)との出会いにより、リズムの世界への追及を志す。アサラトよりも耐久性が高く、安定したリズムと高度な技術への挑戦ができる"PATICA(パチカ)"の日本での商品化の企画・製作・開発に携わる。日本国内に関わらず、ヨーロッパ各地、アメリカなど、海外にも積極的に出向き、パチカの普及活動に奔走中。またパーカッショニストとして、アーティストのサポート、ディズニーシーでのShow出演、サンフランシスコで開催されたsakura festival(ソロ)、伊勢神宮奉納演奏、TV出演(ポンキッキーズ、DAIBABA、etc)、ラジオ出演(FM横浜)。2007年、Overground Acoustic Undergroundを結成しFUJIロックフェスティバル、ROCK IN JAPANなど多くのフェスに参加している。

当日の模様はコチラ!

画像
開催当日はあいにくの天候にも関わらず、ご参加くださいまして誠にありがとうございます。
15時よりスタートしたイベントでしたが、音に誘われて多くに方々が足を止めて観覧しておりました。
参加された方々皆さん悪戦苦闘しながらパチカをマスターしようと一生懸命でした!
画像

画像
最後はパチカでセッション!
2つの球でこんな演奏ができるんだと驚き、感動しました。
とても奥が深い楽器だと思いました。

次回の開催も楽しみにしててください!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。