【レポート】電子管楽器体験セミナー開催しました!

画像

こんにちは!島村楽器鹿児島店デジタルアドバイザーの西牟田です。
先日1月29日、電子管楽器の体験セミナーを開催致しました!!

おそらく鹿児島初となったであろうこのイベント・・・
なんと満員超過御礼!!
かなりアツいセミナーとなりました!!

電子管楽器とは?

アコースティックの管楽器のように、息を吹き込むことによって演奏できるのが電子管楽器(又は電子吹奏楽器)です。
吹く強さに応じてセンサーが反応し、音程・音質・音量など微妙なコントロールをブレスで表現することができます。また、アコースティックの管楽器と同じ感覚で演奏できる運指が用意されているのも特徴で、管楽器の経験者はもちろん、管楽器を手軽に演奏したい方に人気です。

通称、電子管楽器はウィンドシンセ、ウィンド・インストゥルメント、デジタルサックス(電子サックス)、ウィンドコントローラーなどと呼ばれており、AKAI professionalブランドの「EWI(イーウィ)シリーズ」が有名です。2016年10月には Roland (ローランド) から「Aerophone (エアロフォン/AE-10)」が発売され大きな盛り上がりを見せています。

画像

セミナー講師

今回講師によしめめ氏をお迎えしました!

画像

東京都出身。誰もが認めるEWIの知識を持ったSAX/EWIプレーヤー。13歳の時に聴いたリリコンがきっかけでウィンドシンセの魅力に取り憑かれ、以降古今東西の機種を研究する。ライブにおいてはリードシンセによるメロディは勿論の事、生楽器の再現や一人ホーンセクション、一人フルストリングス、コードプレイ、カッティングギター、SE、ドラムセットまでEWIの可能性をとことん追求するスタイル。「森羅万象をEWIで」が座右の銘。

セミナーの様子

前半では、EWI・エアロフォンのそれぞれの違いや、息でコントロールする電子管楽器ならではの楽器としての長所・特徴などを解説していただきました。
例えばEWI5000・4000swはピアノでもカバーできない音域を演奏できるってご存知でしたか!?
画像

中盤では、よしめめ氏がそれぞれの電子管楽器を実際に演奏、音の違いなどを参加者様に体感していただきました。
EWI4000sw・EWI5000・エアロフォン、それぞれコンセプトが違うだけにそれぞれの音に違い・良さがありました。
画像

後半では、実際にご参加者様に1人1本ずつEWIをお配りして、いざ体験!
基本の持ち方、操作を丁寧に教えていただきました。運指は本当に「リコーダーじゃんwww」ってくらい簡単!
画像
画像

最後は、よしめめ氏によるT-SQUARE「TRUTH」の生演奏
ご参加者様も釘づけの名演奏でした…

店頭にはEWI4000sw、EWI5000を常備展示中!

セミナーは終了しましたが、管楽器コーナーにてEWI2機種をコーナー展開中!(エアロフォン展示機は現在手配中です)
画像
もちろんいつでも試奏体験可能です!!
担当:西牟田またはお近くのスタッフにお申し付けください!

お問い合わせ先 島村楽器鹿児島アミュプラザ店 Tel:099-812-6818
担当 西牟田

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。