エフェクター担当ひがしの同系統のエフェクター弾き比べちゃいました。番外編 ~ベースでHX StompをレビューVol.1~

みなさんこんにちは。
エフェクター担当の東です。

今回は弾き比べではなく、話題のコンパクト・ギター・プロセッサー「LINE6 HX Stomp」をベースで試してみました。
今回試すのは当店ベース教室講師の秋山裕紀(あきやま ひろき)先生。お時間のない中パパッと録音してもらいました!なのにこのクオリティ・・・恐るべし!!
※秋山先生のレッスンの詳細はこの記事の最後に記載しております。
まず「LINE6 HX Stomp」とはどういった商品なのかご紹介し、動画を見て頂けたらと思います。

LINE6 HX Stompの魅力とは

まず一つ言えるのは見てわかる通りこの『コンパクトさ』ですよね!重たいエフェクターボードを持ち運ばこともなくギグバッグのポケットに入れるだけで持ち運びが可能です。
コンパクトになることで機能として劣化するんではないかと心配になると思いますが上位モデルの『Helix』と同じアンプ/キャビネット/エフェクトのサウンドが300種類以上も入った、プロフェッショナルグレードのギター・プロセッサーとなっております。
接続方法も上位モデルの『Helix』と同じく様々な現場に対応できる素晴らしさ!

買った後にもアップデートが行え、サウンドの追加や機能の向上が見込めるところも魅力的ポイントです。

コンパクト・ギター・プロセッサーとは

先程の魅力の欄にもギタープロセッサーと言う言葉が出てきだと思います。
よく『マルチエフェクターとギタープロセッサーは一緒じゃないの』と言われるのですがまた別物になります。

簡単に違いを説明してみると

現行で販売されているマルチエフェクターにもアンプのモデリングや様々なエフェクターが搭載されているのですがより高品質なアンプのモデリングや様々なエフェクターが搭載されておりワンランク上のサウンドを出すことが可能になります。最近は自宅で録音する方も増えてきたと思います。自宅のパソコンにマルチエフェクターを接続し録音すると固い音になってしまい本物のアンプらしさは失われてしまいます。そこでギタープロセッサーを接続し、録音をする事で本物のアンプのサウンドに近づきスタジオでレコーディングしているようなクオリティーになります。

そのサウンドクオリティーをLiveで使用できるコンパクトモデル、それが『コンパクト・ギター・プロセッサー』です。
音質の良さからプロのアーティストもLiveでは使用する方も増えてます。

気になるお値段は?
メーカー 型名 定価 (税込) 販売価格 (税込)
LINE6 HX Stomp オープン ¥79,920

ベースでHX Stompをレビュー

使用機材、環境

ヘッドアンプ tc electronics RH750 / キャビネット tc electronics RS210

コンデンサーマイク audio-technica AT4040

オーディオI/F M-AUDIO M-TRACK2 × 2

Vol.1と題した今回はコンデンサーマイクを使用し、キャビネットから出る音を録音。Vol.2にてLINE録音を行う予定ですのでまたこちらもチェックして見て下さいね!

動画で音をチェック

担当:東の動画解説と一言レビュー

動画を見てもらった方はみなさん感じたんではないでしょうか
クリアで各エフェクトの反応の良さ
ほんとにすごいです。

前半のスラップでの演奏ではエンベロープフィルターを使用しているのですが強弱にしっかりと反応してくれます。
後半にはコーラスを使用したフレーズがあるのですが音のクリアさを感じでもらえるのではないでしょうか!

今回使用したプリセットは秋山先生とオリジナルのプリセット作りました。Vol.2で詳しくプリセットの内容を説明したいと思います。

エレキベースの教室やってます!

講師 : 秋山裕紀(あきやま ひろき)
曜日 : 水曜
詳しくはリンクからどうぞ!
島村楽器ららぽーと和泉店 エレキベース教室

お問合せお待ちしております。

お問い合わせ

店舗名 島村楽器ららぽーと和泉店
電話番号 0725-51-3440
担当 東(ひがし)

担当者紹介

ギター担当の東(ひがし)です。
担当商品はEG、UK、アンプ、エフェクター、ピアノ、バイオリンなど
「あずまさん」と間違われるのが人生最大の悩みです!
丸メガネにマッシュヘアーが印象的です!

経歴

・高校生になり初めてバンドを組みバンド人生がスタート。
・ある日ギターの音が鳴らなくなり楽器店に修理に持っていくと数分で店員さんがリペアしてくれ、こういった人に自分もなりたいと憧れる。
・その憧れよりキャットミュージックカレッジ専門学校ギターエンジニア科に入学。
・2年間、ギター製作、リペア、電子系、音響の勉強をする。
・卒業後、島村楽器に入社。
・数えきれない程の本数のリペアを経験。
・ギター製作の勉強をしていたこともあり木材での音の違いやメーカーの特色に敏感になる。
・そういった経験よりオーダーギターの相談、エフェクタ―ボード制作等の依頼を頂いたりしています。

エレキベース担当者紹介

ベース担当のベーシストです。
椋平(むくひら)です。名前の読み方については初見での難易度高いです。
他にもDJやシンセ、DTM関連を担当しています。
ヒップホップが主に好きで、サンプラーやシンセを用いたトラックメイクを行っています。

自宅でトラックを作る傍らバンドでベーシストとしても活動しています。
主に邦楽が好きでバンド、シンガーの楽曲の制作、編曲やレコーディングなどを手伝ったりしてます。

その他

1.お支払い方法

店頭でのお支払いは以下の方法をご利用頂けます。
  • 現金
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • iD
  • 銀聯カード
  • ショッピングクレジット
  • 商品券

*一部使用出来ないカードや商品券もございます。

その他のお支払い

お電話等で受付をした商品に関しましては下記をご利用いただけます。

代引き着払いでのお支払い
  • 現金
  • クレジットカード

ご希望のお支払い方法を店舗スタッフにお伝えください。
商品受け取りの際、合計金額を運送業者へお支払いください。
商品代金+送料+代引き手数料=合計金額

銀行振込でのお支払い

当社指定の口座にお振込ください。
尚、振込み手数料はお客様のご負担となりますので予めご了承ください。
商品代金+送料+振込み手数料=合計金額

2.音楽教室

日頃より聞いている音楽を演奏出来たら楽しそう!演奏しているけどもっと上手くなりたい!演奏が出来る様になる夢を叶える音楽教室です。音楽って楽しいなあと思って頂ける方、チャレンジしたい方ならどなたも大歓迎!いつでもお気軽にお声掛け下さい、スタッフ一同心よりお待ちしております。

島村楽器ららぽーと和泉店音楽教室総合案内はこちらよりご覧下さい。

島村楽器ららぽーと和泉店ではエレキギター/アコースティックギター/エレキベース/ドラム/フルート/サックス/ウクレレ/ヴァイオリン/ビオラ/ピアノ教室の開講がございます!講師の紹介はこちらよりご覧下さい。


3.お問い合わせ

店舗名 島村楽器ららぽーと和泉店
電話番号 0725-51-3440
担当 東(ひがし)

4.当店へのアクセス

お車でお越しの方

◆広域マップ(高速道路マップ)

◆施設周辺マップ

施設周辺マップ

◆和泉中央駅方面より
唐国南1号交差点を左折してください。

◆光明池方面より
春木岸和田線を直進してください。

◆国道170号線方面より(大阪外環状線)
テクノステージ南交差点から唐国久井線を北上してください。

◆阪和自動車道より
●大阪方面よりお越しの方…岸和田和泉ICを左折してください。
●和歌山方面よりお越しの方…岸和田和泉ICを右折してください。

※交通事情により迂回していただくことがございますので、ご了承ください。

電車・バスをご利用の方

◆泉北高速鉄道「和泉中央」駅より南海バス⑤番のりばより乗車「ららぽーと和泉前」にて降車
所要時間:約15分

◆JR阪和線「和泉府中」駅より南海バス①番のりばより乗車「和泉中央駅」経由で「ららぽーと和泉前」にて降車
所要時間:約30分

駐車場のご案内

◆1F、5F、RF、屋外 駐車場終日無料 約3,400台

◆【ワイド駐車場のご案内】
館内駐車場1F、5F、RFにて、ベビーカー利用でも出し入れがしやすく使いやすいワイド駐車スペースを準備しております。

◆1F 自転車:約250台 バイク:約50台

店舗へのアクセスはこちらのアクセスマップをご覧下さい。

メルマガ会員募集中!

島村楽器ケータイメルマガでは、バンド楽器やデジタル楽器を中心とした、「キャンペーン情報」「イベント情報」「店舗情報」「ギター/ベース情報」「ドラム情報」「デジタル情報」を、定期的にお届けしています。詳しくはこちら

[#z:title=トップへ戻る]

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。