サックス・ヴェノーヴァサロン通信 vol.4

サックス・ヴェノーヴァサロン通信vol.4~イベントレポート~

みなさまこんにちは!ららぽーと和泉店のサックス・ヴェノーヴァのインストラクターの林田小雪です。

今回のvol.4は私が店頭で演奏をしたイベントのレポートをしたいと思います!

インストラクターミニライブ

先月から始まりましたインストラクターミニライブ!
第2回目は11月10日でした。
【演奏曲目】
Can't take my eyes off you~君の瞳に恋してる~/フランキー・ヴァリ
涙そうそう/BEGIN
奇跡を望むなら/JUJU]
]今回も3曲演奏しました。前回同様、涙そうそうはヴェノーヴァで演奏しました!
今回は沢山の方にアンケートにご協力頂きました!リクエスト曲も沢山お伺い出来ましたので、次回からお客様のご要望を取り入れながらプログラムを考えていきたいと思っております。
演奏を聴いて下さったお客様、アンケートにご協力頂きましたお客様、ありがとうございました!]
]次回のミニライブは12月8日(土)14:00~です!皆様のご来店お待ちしております!

管楽器フェスタinららぽーと甲子園

11月9日から11月11日まで開催されていた「管楽器フェスタ」でサックスアンサンブルコンサートというイベントを行いました。サックスには沢山種類があってサックスの4重奏で使われる主な楽器は…

ソプラノサックス

アルトサックス

テナーサックス

バリトンサックス

ソプラノサックスから順番にアルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスとどんどん音域が低くなります。
サックスは高音域から低音域まで揃っている楽器なので、メロディー、伴奏、ベースラインをすべてカバー出来るのでとてもアンサンブルに向いている楽器です。]
]私は普段、アルトサックスを吹く事が多いのですが、今回の管楽器フェスタではテナーサックスを担当しました。
テナーサックスは男性の声の音域くらいでメロディーラインとベースラインの間を担当します。メロディーとベースラインの間でどちらにも合わせないといけないという絶妙に難しい役割です。しかし、やっている人にしか分からないこの絶妙な難しさがたまらないのです!!
クラシックだとメロディーライン「主旋律」とは別に「対旋律」(オブリガードとも言われます)という主旋律を効果的に補う形の別のメロディーがあるのですが、これがまた美しいメロディーが多く、これをテナーサックスが担当することが多いのです!
アルトサックスで主旋律を沢山演奏するのも楽しいのですが、裏でこっそり素敵なメロディーを演奏するのも楽しいですよ!!]
]
といった今回はテナーサックスの魅力をさらに感じることのできたイベントでした。]
]ららぽーと和泉店ではアルトサックスは勿論、テナーサックスのご試奏もして頂けます!是非サックスをみにいらしてください。

インストラクターミニライブと音楽教室のご案内

インストラクターミニライブと音楽教室のご案内のページはこちらです!

お問い合わせ

店舗名 島村楽器ららぽーと和泉店
電話番号 0725-51-3440
担当 林田

当店へのアクセス

店舗へのアクセスはこちらのアクセスマップをご覧下さい。



記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。