【ギターオーダー】自分だけのエレキギターができるまで!~理想のテレキャスター編~

こんにちは。エレキベース担当の椋平(むくひら)です!

明けましておめでとうございます。今年もベースにDJにシンセに、、、担当者として面白いこと考えていきますので変わらず今年もよろしくお願いします。

さて早速ですが

今回は世界に1本しかないオリジナルのギター、ベースをオーダーする流れを実際のお客様のオーダーをレポートしながらご紹介していきたいと思います!
ただしメーカーやオーダー内容などによって所々違いますのであくまで一例ですのでご了承ください。

オーダーは物語に価値がある!?

まずは理想のギターを考える!

いつも当店でギターやエフェクターをご購入いただくお客様が新たなストラトをお買い上げいただく手続きをしながら「次はテレキャスだなぁ~」と何気なくつぶやいたところからスタートしました。

もともとテレキャス好きな彼はすでに2本テレキャスを所有していますが、ストラト買ったばかりですぐに買えるわけでもないのでせっかくなら一生手放せないような最高の1本をじっくり探そうという話でまとまりました。

そこから理想のテレキャスを一切妥協せず妄想してじっくりまとめていきました。色は絶対これがいいなぁ~とか、ボディ材はこれがいいなぁ~とか、こんな音出したいなぁ~という感じで。

不安な点はやっぱり、、、

そこから話していくうちにオーダーにしようか、という話に。でもオーダーとなると不安なのは

・やっぱり出来上がるまで音も見た目も全くわからない
・出来上がりに納得できなくても買うしかない

という点。

不安を解消するには作っている人達を信頼できること、ちゃんとこちらの意図をくみ取ってくれること、これがとても大事だと思っています。逆に言えばちゃんとこちらの意図を正しく理解してもらえれば、工房の方々は当然プロなので自分でも思いがけないような最高の組み合わせなど提案してくれるかも知れません。
そうしてあれこれ悩んで出来上がったギターにはこれ以上ない"物語"という付加価値があると思います。

エレキギターオーダーの流れ

メーカー選び

オーダーするにあたって大事なのがこのメーカー選び!

例えばすでに所有しているギターで気に入っているものがあって、そのメーカー(ブランド)がオーダーを受け付けていたらそこに依頼するのがベターな気もしますが、、特にそういった理由がなければ悩みますよね。

今回の場合は気に入ったメーカーがあったにも関わらず、そのメーカーではセミオーダーしか受け付けておらず、フルオーダーを受け付けていなかったため候補から外しました。

やはりギターは木工製品!木材にこだわりのある工房が良い!
しっかり要望を聞いてくれて的確なアドバイスがもらえる!など

いろんな条件を決めて絞っていきまして、、

最終的に今回はWood Custom Guitarsさんにお願いすることとなりました!

ベース担当である僕がたまたま某楽器フェスで触れたベースがとても好印象だったことからこちらの工房にお願いすることとなりました。まだまだ新進気鋭のギターメーカーではあるもののその作りの良さとその名の通りのトップクラスのマテリアルはお墨付きです。
さらにギターを製作されている上田氏がWood Custom Guitarsを設立される前にギターを製作されていた工房のストラトを、今回ご依頼いただくお客様が使っていてとてもお気に入りというところも大きな決め手となりました。
話してみると非常に気さくな方ですので要望をお話しやすいのも大きなポイントだったと思っています。

名前に"Wood"と名付けられていることからも想像できるかと思いますが上田氏がこだわり抜いた非常に良い木材を使用していますので、ワンランク上の"鳴り"をご体感いただけるかと思います!

細かいスペックの決定

カラーリングなどはすでに決まってましたのでそれ以外の部分で、なんとなく決めていたことやこだわりをしっかりお聞きしながら決めていきました。

ご存知だとは思いますがギターやベースなどは木工製品ですので木材によって大きく音のキャラクターや木目のタイプが違います。ですので
木材を選ぶ際にもプロの方のアドバイスをもらいながらピッタリの木材を選んでいきました。

これまで見た目の良さから3WAYサドルを使用していたものの各弦のオクターブ調整ができないなどの悩みがあったので、多くの候補の中からGOTOH製WT3を採用することになりました。

他にもヒールカットはこの形状で!ネックグリップはこんな感じで!などなど
いろいろなご相談を受けつつ入念に打ち合わせをしていきます。

ちなみに今回はご都合が合いましたので上田氏がららぽーと和泉店に来ていただき、実際にご依頼いただいたお客様と上田氏とで打ち合わせを行うことができました。やはりプロの意見は大きな参考になりました。これはきっと理想のギターができあがるはず!!

画像
※お客様が現在所有しているテレキャスをお持ちいただきネックグリップなどを確かめていっているところです。

ネックグリップなども実際に今所有しているギターの中から最も握り心地の良いものをベースにして製作していただくこととなりました。

御見積り

細かいスペックが決定したらいよいよお見積りとなります。
納期や値段にご納得いただけましたら先にご決済いただきます。

非常に高価になるのではとご心配されることが多いですが
あくまで目安でいうと 25万円~ くらいでイメージされると良いと思います。内容によって加算されていきます。※Wood Custom Guitars様の価格設定とは関係ありません。
もちろんご予算に合わせたオプションなどもご相談をお受けいたしますのでご検討されている方は一度お気軽にご相談ください!
ちなみにご決済後にすべての作業がスタートします!

ちなみに今回の納期は約5ヶ月ほど。
半年待たずして自分だけのギターが!!
とは言え待つとなると例え2ヶ月でも結構長く感じてしまいますけどね、、、笑

いよいよ!あとは待つだけ!

ちなみに今回ワガママを言って作業写真をいくつかいただくこととなっていますので、途中経過もわかるようにしていただきました。
有り難いですね。より一層わくわくしますね!

その一部です↓
画像
画像

最後に上田氏とご依頼くださったお客様の写真です↓
画像
この赤いテレキャスをベースに作っていただきます。
この記事を書いたあと別の個体に変更。

出来上がり次第またこちらのブログでもご紹介できればと思っています。
乞うご期待!!

お問い合わせ

店舗 島村楽器ららぽーと和泉店
電話番号 0725-51-3440
担当 椋平(むくひら)

画像
ベーシストです。
他にもDJやシンセ、DTM関連も担当しています。
デジタル楽器についてもお気軽にご相談ください!
ヒップホップやオルタナ系のロックなどが好きです。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。