【講師のおすすめ】クラシックギター小物のご案内~爪のお手入れ編

クラシックギターとは?

ヨーロッパで発展し、スペインで花開いたクラシックギター。別名 ガット・ギターとも呼ばれています。ぱっと見、アコースティックギターととてもよく似ていますね。弦にはナイロンが使われており、微妙なタッチやニュアンスの違いにも繊細に応えます。演奏ジャンルも幅広く、クラシックからジャズ・ボサノヴァ、フラメンコ、演歌などでも使用されています。実は歴史も奥も深いクラシックギターの世界。当店クラシックギター講師のおすすめ小物をご紹介します!

爪も大切な演奏道具なんです

松下つめ

↑こちらは、ピアノ弾きのスタッフの爪です。少しでも伸びると鍵盤をカチカチ鳴らしてしまいうるさいのと、指先が鍵盤に触れる感覚が変わってしまうので練習しづらいことから、常に短い爪をしています。
さて、クラシックギターを弾く爪は、いったいどんな爪なのでしょうか?

↑こちらが、クラシックギター科江原先生の爪です。

左手はネックと弦を押さえて音程を司るために短めです。

右手は、一音一音をつま弾くためのとても重要な役割を果たしています。爪の伸び具合・削れの角度・強度などで、音色も弾き心地も変化します。爪切りで爪を切ることはせず、やすりで微妙なバランスを調節するそうです。そんな繊細な爪を手入れするために、先生が使われている便利グッズをご紹介します。

チェコガラス製 爪やすり
Blazek/グラスファイル

チェコガラスやすり

ガラス製なので半永久的に使用可能。目詰まりがおきたら、ささっと水洗いできるのも衛生的です。

やすり1本

やすり手持ち

ガラスについているホログラムのシールには、それぞれシリアルナンバーが記載されています。

やすり手持ち2

サイズがMとSの2種類。どちらの方が使いやすいかは、その人それぞれ。ぜひ、店頭でお選びください。ちなみに、江原先生はSサイズを愛用しています。
(写真はSサイズです)

メーカー Blazek(ブラジェク)
型名 グラスファイルM 
グラスファイルS 
備考 長さ 
M…約14cm
S…約9cm 

静岡が誇るプラモデルメーカーの紙やすり
TAMIYA/フィニッシングペーパーP2000 

タミヤの紙やすりの中でも、目が一番細かい商品がこの2000番。

タミヤ2000

タミヤ2000使いかけ

破れにくいのが最大の特徴。写真の右側は、使い古した部分。ここまで擦れていても侮ることなかれ!仕上げ用としてじゅうぶん優秀なんですよ。左側は、まだ使い古されていない部分。こちらで削ってから、右側で削ると滑らかな仕上がりになります。

メーカー TAMIYA
型名 フィニッシングペーパー
P2000
備考 約93mm×226mm
3枚入り

講師紹介

江原

江原正則(えはらまさのり)

ギターを14歳から独学で始め、定年退職間近の57歳で一念発起して大橋正子先生に師事。平成29年の第18回全日本アマチュアギターコンクールで特別賞を受賞。愛用のギターは、【ホセ・マリン・プラツェロ】の手工品。演奏者の音をそのまま素直に前に出してくれるところがお気に入り。家庭菜園で作った野菜で、料理もする多彩な一面も。中でも、本物のシェフから教わったイタリアンは絶品!

クラシックギターのレッスン紹介

クラシックギターコース

体験レッスン

体験レッスン

浜松市野店 音楽教室の紹介

総合案内

お問合せ

店舗名 ららぽーと磐田店
電話番号 0538-59-0390

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。