【ITA・MUSIC🎸Vol.10】~伊丹昆陽店ライトミュージック愛好家たちによる勝手に知識披露ブログ~

7の付く日はライトミュージックブログ!
このブログは現在伊丹昆陽店にいるライトミュージック愛好家たちが何の脈絡もなく
勝手に軽音楽系の楽器の知識等を披露、商品の紹介などをする場!!

変な知識担当の大塩です。

Bluetoothの名前の由来を知っていますか?現在の、ノルウェーとデンマークを統合させたブロタンという王様を英語読みしたものが、Bluetooth
異なる種族間の無血統合を実現させたブロタン王のように、多数存在する無線通信規格を統一したいという想いからBluetoothと名付けられたのでした。

【第10回】DTM、DAWについて!

今回はDTMとDAWについてです!前回ヘッドフォンだったのでその続きでリスニング用ヘッドフォンと思ったのですが、DTMを選んだのは理由がありまして・・・

11月15日ついにCubase10発売

ということでこの話題にのらないといけないと思い今回はDTMとDAWの基本的なお話しです。

そもそもDTMとかDAWってなによ?

まず基本的なことになりますが、

DTMとは

Desk Top Musicの略で【机の上で作る音楽】のことですね。

DAWとは

Digital Audio Workstationの略です。デジタルで音声処理をする仕事場といったイメージの言葉でしょうか。

DTMをするために必要になるものがDAWです。作曲をしたいなと考えた事のある人は、聞いたことがあるかもしれませんが、
Cubase、Protools、LogicなどさまざまなソフトがありこれらがDAWと呼ばれる【作曲から曲の仕上げまで一人で出来るようになる仕事場がまとまった】ソフトになります。

多種多様なDAWソフトが発売されていますが、そのほとんどが

①多重録音機能

②打ち込み機能

➂ミックス機能

をまとめたソフトとなっており、まさに作曲段階から、曲の仕上げ段階までをまとめてできるようパッケージされています。

端的に言うとDTMをするためのソフトがまとまっているのがDAWです。

例

あなたは、鍵盤ハーモニカとドラムを演奏するミュージシャンです。ふと、きらきら星のジャズアレンジを曲にしてみたいな、という衝動に駆られます。さらに構想は進んでいきその曲中に自分では演奏が出来ないバイオリンの音、ティンパニーの音を加えたいなと思いました。

DAWで曲にするためにはどんな作業が必要でしょうか?

①鍵盤ハーモニカとドラムの音を録音して同時に再生できるようにする。(多重録音機能)

②バイオリンとティンパニーの楽譜を考えてPC上に打ち込み、それぞれの楽譜でそれぞれの音が出るようにする。(打ち込み機能)

➂鍵盤ハーモニカとドラムを同時に鳴らすとドラムのほうが音が大きいことに気付いたあなたはドラムの音量を下げ、すべての楽器がだいたい同じ音量になるようコンプレッサーをかける。(ミックス機能)

この工程を行うソフトが全て入っています。

具体的にDTMを始めたい方へ

上記工程をもう少し詳細に見ていきましょう。ハード面で必要な物や、ソフトでグレードアップできるものなどがあります。

①鍵盤ハーモニカとドラムの音を録音して同時に再生できるようにする。

この作業を行うために必要な物があります。マイクとオーディオインターフェイスです。

マイクは言わずもがな音を録音するために必要な機材ですが、オーディオインターフェースとは何のために必要なのでしょうか。

私たちが普段耳にしている音はアナログなものです。しかしPCに音を取り込むにはPCが理解できるように0か1というデジタルデータに変換しなければいけません。そのための機能を果たすのがオーディオインターフェースです。つまりマイクを繋いだり、楽器をつないだりする際には必ず、オーディオインターフェースを経由しなければなりません。

②バイオリンとティンパニーの楽譜を考えてPC上に打ち込み、それぞれの楽譜でそれぞれの音が出るようにする。

さて、この工程ですが、録音とは違い基本的なことはDAW購入時点で出来るようになっています。ですが、より簡単に打ち込むためのMIDI鍵盤(コントローラー)とクオリティーを高めるための音源があります。

音源は、もちろんDAWソフトの中にマルチといって様々な楽器の音を集めたものが入っていますが、単体だけに特化して音質や操作性を高めたものが別途販売されています。DAWのワークステーションでその単体の音源を集めて鳴らすことも出来るように設計されています。

最後に

このようにDTMはとても奥が深いです。


 この記事を見て是非伊丹昆陽店にいってみたいと思われた方はお気軽にお問合せください。

店舗名 島村楽器イオンモール伊丹昆陽店
電話番号 072-787-8840
住所 〒 664-0027 兵庫県伊丹市池尻4-1-1イオンモール伊丹昆陽4F
店長 伊藤

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。