府中ピアノブログVol.234 「プレミアムコンサートVol.4開催しました!」

皆さまこんにちは♪
広島府中店ピアノアドバイザーの原田です。

10/13(日)に店頭で開催した「ふらっとコンサート」について、いつも観覧にお越しいただくお客様より、当日の様子を撮影したDVDを頂きました♡

実はコンサートのたびに収録してくださっています。本当にいつもありがとうございます!家に帰って観るのが楽しみです〜!

当日の様子(動画)は、あらためてこちらのブログでご紹介しますね♪




・・・さて、先日10/19(土)は、「プレミアムコンサートVol.4」を開催いたしました。今回もチケットは本番約1か月に完売、満席で皆様にお楽しみ頂きました♪

演奏の様子をご紹介いたします♪

「プレミアムコンサートVol.4」
〜ソプラノとフルートで奏でる
美しい「歌」編〜

【出演】

味香友子(ソプラノ)
高橋彩夏(フルート)
白根彩名(ピアノ)
藤野美帆(ピアノ)

【演奏曲】

・夏の名残のばら<庭の千草>(アイルランド民謡)
・歌劇「ルサルカ」より『月に寄せる歌』(A.ドヴォルザーク)
・練習曲Op.25-1『エオリアンハープ』(F.ショパン)
・ノクターン第2番変ホ長調Op.9-2(F.ショパン)
・「魔弾の射手」による幻想曲(P.タファネル)
・岩上の羊飼い D965(F.シューベルト)

~アンコール~
・アヴェ・マリア(F.シューベルト)


ソプラノの味香先生は、今回は歌って頂いた3曲全て違う言語(英語・チェコ語・ドイツ語)でした!「全部違うなんて凄いです」と言うと、「この前ベルリンで歌った時も全部違ったから、そういうこと多いんですよ。」と!

そう、海外でも活躍されている凄い先生です。いつも明るく、伴奏者への要望も的確で、リハ・本番ともに、とても楽しく和みました。そんな先生の歌をこんなに間近で聴けて幸せでした...♡

ちなみに先生、今回歌って頂いた「月に寄せる歌」が登場するオペラ「ルサルカ」の、本場チェコで購入されたというフルスコア(電話帳の2倍くらい厚みがあります!!)と、お気に入りのCDを、貸してくださいました♡

フルート高橋先生。前回2018年10月に「プレミアムコンサートVol.1」に出演頂いた際よりさらにパワーアップされていて、今回は超絶技巧の「魔弾の射手」幻想曲。すごいスピードで、演奏が終わると同時に会場内にどよめきが。さらに今回は、司会という大役も同時につとめてくださいました!

ピアノの藤野先生は、伴奏に加え、ショパンの2曲をソロで演奏いただきました。エオリアンハープの美しく軽やかな響きと、ノクターンのしっとりとしたあたたかい響き。いずれもショパンを感じる、とても心地よい演奏でした!私は毎年夏に藤野先生の短期レッスンを受けているのですが、藤野先生のレッスンは非常に分かりやすく、理論的で、曲の理解がすすむため、私にとって無くてはならない毎年の大事な行事です。大人向けのレッスンはもちろんですが、小さなお子様にも大人気なのが藤野先生。みんな、キラキラした表情でレッスンに来てくれるので、私もどんどん生徒さんたちが上手になっていくのが本当に楽しみです♡

ピアノ白根先生。ベートーヴェンが大好きだという白根先生、普段のほんわかした雰囲気から想像できないほどパワフルな演奏で、「魔弾の射手」「岩上の羊飼い」ともに難曲ながら、弾ききってくれました!当日配布のプログラムに掲載した曲目解説も、白根先生が作成してくれました♡

アンコール「アヴェ・マリア」(F.シューベルト)にいたるまで、サブタイトルの

〜ソプラノとフルートで奏でる美しい「歌」編〜

のとおり、全編大変美しい演奏会でした。

最後に、出演者で記念撮影。たくさんのご来場、誠にありがとうございました!




演奏頂いた、味香先生は広島府中店にて金曜日の声楽教室とピアノ弾き語り教室を、藤野先生は月曜日と金曜日のピアノ教室・幼児の基礎音楽コースなどを、それぞれ担当頂いています♪
ご興味のある方は、ぜひまずは無料の体験レッスンを受けてみてくださいね♪

・゜・*:.。.*.。.:*・☆*・゜・*:.。.*.。.:*・☆*・

今日のおすすめ曲

「詩人の恋」Op.48 より
『Die alten, bösen Lieser』
(R.シューマン)

「プレミアムコンサートVol.4」が〜美しい「歌」編〜だったので、歌曲のご紹介です。

シューマンが1840年、30歳の時に作曲した「詩人の恋」は、有名なドイツの詩人ハインリヒ・ハイネの詩を用いて作曲された、16曲からなる連作歌曲です。この『Die alten, bösen Lieder(古く忌まわしい歌)』は最後の16曲目にあたります。

(※著名なピアノメーカー「Bösendorfer(ベーゼンドルファー)」のbösenは、「忌まわしい」という意味で、Bösendorfer=日本語に直訳すると「忌村」という意味のお名前だそうです。ちなみに、STEINWAY(スタインウェイ)は、「石道」です!)

1〜6曲目は恋の喜びを短くあっさりと、7〜14曲目は失恋の悲しみを、15、16曲目は失恋の苦しみを振り返って歌われます。6曲目までで徐々に♯が減り、7曲目でハ長調、その後♭が増えて最後2曲で再び♯に戻るという構造ですので、すべて異なる調性が使用されています。テノールのための曲ですので、バリトンが歌う際は通常歌いやすく移調されますが、全体の切り替わりである7曲目『恨みはしない』だけは、原調のハ長調のままで演奏されます(ハ長調はシューマンにとって重要な調性です)。

最後の16曲目は、なんと言っても曲後半に現れるピアノソロが聴きどころ。嬰ハ短調で歌が歌われた後、変ニ長調でピアノソロが始まるのですが、同主調と思えない非常に美しい場面転換です。終曲としても、そして連作歌曲全体としてもこの美しいピアノソロで終わる形、本当に感動的です。

私にとってシューマンは好きな作曲家上位4人に入るのですが、彼の作品の中でも「詩人の恋」は特に好きです。いつか演奏してみたいので、歌ってくださる方募集中です♪

・゜・*:.。.*.。.:*・☆*・゜・*:.。.*.。.:*・☆*・

私がこちらの記事を書いています♪

島村楽器広島府中店
ピアノアドバイザー 原田

・2013年「ピアノアドバイザー」取得
・2014年「ピアノシニアアドバイザー」取得

皆様のピアノ選びのお手伝いをしたり、ピアノ教室運営の担当をしています。私自身も幼い頃にピアノをはじめて、現在も継続して発表会やコンサート、コンクールに参加しており、毎日仕事前や帰宅後の練習を頑張っています。大事なピアノ選びはもちろん、搬入や置き場所、ご購入後のメンテナンス、ピアノの練習やコンクールに関することなど、豊富な知識と経験で皆様のサポートをさせて頂きます。ご来店の際は、ぜひお気軽にお声がけください♪

・゜・*:.。.*.。.:*・☆*・゜・*:.。.*.。.:*・☆*・

島村楽器イオンモール広島府中店

TEL)082-510-2122

住所)広島県安芸郡府中町大須2-1-1イオンモール広島府中3階

営業時間)10:00~22:00 年中無休

・゜・*:.。.*.。.:*・☆*・゜・*:.。.*.。.:*・☆*・

★広島府中店のピアノ教室について詳細はこちら
★展示中の電子ピアノご紹介&最新情報はこちら
★展示中のグランドピアノ・アップライトピアノ&最新情報はこちら
★島村楽器イオンモール広島府中店ホームページはこちら

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。