【中四国ギターサミット】展示予定ブランドご紹介!Vol.➀~Martin・Paul Reed Smith編~

こんんちは!中四国エリア初の大型ギター&ベースイベント「GUITAR SUMMIT」が遂に開催決定いたしました!

本日から展示予定ブランドをリレー方式で各店担当者のご紹介も含めご案内させて頂きます!

まずはブランドのご紹介です!

Martin

アコースティックギターブランドの王道中の王道!大人気定番ブランド「Martin」!

イベント当日は王道中の王道商品はもちろん、限定商品など合わせて30本以上のMartinが集合する予定となっております!
是非ともお楽しみに!

ブランド紹介

1833年 に創立されたマーティン社は、1850年にマーティン・シニアが考案したXブレイシングから放たれるサウンドによって、多くのギターメーカーに多大な影響を与え、まさにアコ―スティック・ギター界のスタンダードとなりました。その伝統ある仕様は今も風化することなく受け継がれています。マーティンはドイツ時代も含めると、既に200年近い歴史を持つアコースティックギター・ブランドであり、初代C.F.マーティンのウィーン時代にはシューベルトの為にギターを作ったこともあるという。しかし、マーティン社は伝統を重んじてはいるが、決して伝統に縛られない発想で現在に至るまで様々なスタイルのギターを発表し続けています。

メーカーHPはこちらをクリック!

続きましては…!

Paul Reed Smith

Martinとは打って変わってエレキギターブランドの王道「Paul Reed Smith」!「PRS」も勿論やってきます!
当日は定番商品である「Custom24」などUSA製品が多数展示予定…!普段あまりできない沢山のPRSの中から木目の選定などしてみてはいかがでしょうか?

ブランド紹介

1984年、PaulはPRSの創業に当たり製造設備等の資金を得る必要から、米東海岸のギター店を巡り、オーダーを集めるツアーに出ました。当時彼が手にしていたのはわずか2本の試作品である、ビンテージ・イエローにフィニッシュされたCustomモデル(メイプル・トップ、マホガニー・バック)、そしてパールホワイト・フィニッシュのStandardモデル(オール・マホガニー)でした。このツアーで獲得したPRS初の受注は米楽器店チェーンの大手Sam Ashからのもので、ギター30本という内容でした。これにより20,950ドルの資金がPRSに入り、ツアー全体での受注成果は後にPaul自身によるこのツアーが成功だったとPRSへの出資者たちが納得する内容となりました。

メーカーHPはこちらをクリック!

展示商品に関しては後日ブログで随時更新しますので今しばらくお待ちくださいませ!

上記ブランド担当・お問い合わせ

店舗 島村楽器㈱イオンモール綾川店
電話番号 087-870-8055
担当 岩崎(いわさき)

コメント

こんにちは!香川県にあるイオンモール綾川店の岩崎です!

今回中四国エリアで初となる大型ギター&ベース販売イベント…たのしみでなりません!

僕も過去に大型楽器フェアで念願の1本を買った過去が…。

沢山のギターの中から選べるのは本当に魅力的です!

みなさまの相棒を見つける為に全力でサポートさせて頂きます!是非ともお楽しみに!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。