HOTLINE2011中四国出場の「パラレルリープ」、「UMA」の機材紹介コーナー

HOTLINE2011

広島府中店より出場し、中四国FINALへ進出した「パラレルリープ」さんの機材紹介です。

パラレルリープパラレルリープ
プロフィール

2008年5月広島修道大学フォークソング部内で結成。広島県内のライブハウス等を中心にライブ活動をし、アコースティックライブなどもしている。楽曲作りにおいて聞きやすさを重視している。お互いが自分の音楽性を持ち、それが融合して楽曲が形成さている。 2009  3月 SUNMALL MOVEMENT FOCUS 2009インディーズバンドコンテストに出演。RCC賞を受賞  4月 大学コンピCD発売 。  8月 初めてHIROSHIMA CLUB QUATRROでライブ。 2010  4月 「生きてこそ」がNHK広島FM「ぶち☆なま」のエンディング曲になる。HOT LINE 2010地区大会出場。

使用ギター YAMAHA APX700

APX700・取材スタッフコメント

今回二回目出場で見事、優秀賞を獲得!!

シンプルなアコギとヴォーカルで会場を魅了してくれましたパラレルリープ。次回に期待していますので皆さんもパラレルリープを要チェックです!!

続けて広島府中店より出場した「UMA」さんの機材紹介です。

UMA(ユーマ)

UMA

2006年にバンド結成。2011年4月よりメンバーを新たに活動再開。新たに結成して間もないが、メッセージ性の強い歌詞と演奏ですでにバンド独自の世界観を作り出している。

使用エフェクター

UMAGT

今回使用したのはLINE6のDL5とアンプのフットスイッチ。アンプはMesa/BoogieのLone Starのみでした。最低限の空間系エフェクターとアンプの歪みだけで上質サウンドを作り上げていました!

・取材スタッフコメント

初参加のUMAさん。初参加で初ライヴハウスという快挙での参加でした。UMAは見た目に反して(見た目赤いメッシュを入れたヴォーカルがとてもロックなイメージだったため)非常に綺麗なギターサウンドに独特なヴォーカルが加わりまさに未確認生物的な感じでした。ベース、ドラムどちらも若いですがリズムがしっかりしていて将来がとても楽しみなバンドさんです。

HOTLINE2011はまだ続きます!次回はJAPAN FINALが11/6(日)が楽しみです!是非生で見に行ってください!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。