笛吹きのひとり吹き Vol.14~ソプラノとフルートで奏でる美しい歌~

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、参加費・販売価格、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

こんにちは|ω・) フルートインストラクターの高橋です!

もうすぐハロウィンですね!
ハロウィンの雰囲気や音楽ってなんだかテンション上がりませんか(*'ω'*)?
仮装はしませんが、今年はかぼちゃのケーキでも作って雰囲気を味わおうと思っております( ˘ω˘ )笑

さて本日は、10/19に行われましたプレミアムコンサートのレポートです(^^)/

今回も前売りでチケットは完売し、満席でした!ありがとうございます。

高橋、司会進行デビューでした。
大学時代、じゃんけんで負けても絶対に司会の役目から逃げ続けてきた分が回ってきました。(笑)
実は人前で話すの苦手なんです(´・ω・`)

今回は、「ソプラノとフルートで奏でる美しい歌編」という事で、ソプラノ・フルート・ピアノの演奏をお聴き頂きました。

1.夏の名残のばら
2.歌劇『ルサルカ』より 月に寄せる歌/A.ドヴォルザーク
3.エオリアンハープ/F.ショパン
4.ノクターン第2番/F.ショパン
5.魔弾の射手による幻想曲/P.タファネル
6.岩の上の羊飼い/F.シューベルト

まずは、声楽講師の味香先生とピアノ講師の藤野先生による演奏で「夏の名残のばら」と「月に寄せる歌」。
美しく力強く、とても素敵な歌声でした。
アンケートでは、今日はじめて味香先生の歌声を聴きましたが一気にファンになりました!との声も♪

続きまして、藤野先生のソロで「エオリアンハープ」と「ノクターン第2番」。
流れるような、聴いていてとても心地よい2曲でした(*'ω'*)

続きまして、高橋とピアノインストラクター白根さんで「魔弾の射手による幻想曲」を演奏しました。
今回、オペラつながりでこの曲を選んでみました♪
少しハードな曲でしたが、やっぱり人前で演奏させていただくのはとても楽しいし幸せです!
(私的にはこの曲を吹いた後に息切れ状態で司会をする方がハードでした)

最後は「岩の上の羊飼い」。
ソプラノ・フルート・ピアノという珍しい編成でお届けしました(^^)/

ご来場の皆さまにも喜んでいただく事ができ、
素敵なコンサートになったのではないかと思います♪
やっぱり音楽は良いですね!
コンサートはまたやりたいと思っておりますので、準備が出来しだい告知いたします(*'ω'*)!毎日私のブログをチェックしてくださいね|д゜)笑

それではまた次回のブログでお会いしましょう(^^)/

過去のブログ記事はこちら

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。