MODX&CUBASEセミナー満員御礼ありがとうございました!

どうも、デジタルイベントをこの半年間で7個企画し

ぶちこんでいるデジタル楽器アドバイザ-の木下です。

先週末の21日(日)に、これからシンセサイザーを始める方向けのワークショップを

開催致しました!

このPOPは私が作ったのですが、

YAMAHA Synthe JAPAN(@yamahasynth_jp)さんがツイートして下さったのは

MODXとCUBASEの文字が色づいていまして…企業のさりげない優しさを感じた次第でございます。

前回は、第2回目のMODXセミナーでございまして、

1回目は発売してすぐに行ったのもあったのですが、今回は予約満員御礼!参画者が非常に多かったです。

遠くは、九州からご参画下さった方もいらっしゃり、

このMODXの注目度の熱さを感じることが、改めて出来ました。

左側の大きいスクリーンに手元を映し出しながら配布された資料を元に

授業形式で進めます。

まずは、

この2ヶ月ぐらいでMODXやCUBASEをご購入下さった方向けの、使い方や機能の説明!

ライブセットのリーベンな使い方やパフォーマンスモードでの音色作りから、

各モードでどんなことが出来るか、等をおさらい!

熱心に皆さん聞き入れており、

ずっと立ちながらメモをとるツワモノもおりました。

MONTAGEの意志を受け継いでおりますこのMODX、本当にすごいシンセサイザーですよね。

サウンドの説得力が違います。

今回の授業の目的は、

MODXを買ったらついてくるCUBASEとMODXを実際に連携させて、

作曲や編曲がこんなにも簡単に楽しく出来るか、を具体的に見ていただくこと。

MONTAGE直伝のアルペジエイターの数々、

それを簡単に録音して、あっと言う間に不思議なフレーズの完成!

そのフレーズをモチーフに印象深いいわゆるイントロをサクッと!


最後の全員での集合写真の前に、終わったら否や

人気インストラクター芳野愛子先生の所にドバーーーーッと流れていき、

せっかくの集合写真が撮れませんでした笑

このイベントに参画されたMODXご購入をお考えの皆様に伝えられなかったこと…

あと、広島パルコ店限定!!!

①背負えるソフトケース ②QUICKLOKスタンド いずれかを参加特典として貰えます!!

大変お得ですので、ブログみて!(ってブログで言っても意味ないですが…)

芳野愛子先生、SKIさん、ありがとうございました―――!!!

第3回目はMODXで自分だけのオリジナル音色を作ろう体験会(仮)で行えたらいいなと

勝手に思っています。

次回は、5月2日(木)世界的有名ギタリスト”Steve Vai”の専属エンジニアが行う

World Class WorkShop!

Steve VaiやPaul Guilvertを虜にしたエンジニア“Enrico”氏のミックスのテクニックから音作りまで、

実際に使用された楽曲のプロジェクトを使用しながら、皆様に授業形式で行います。

DTMやミックスやマスタリングのセミナーは地方では殆ど行われない現実ですが、

なんとか広島でもこういうビッグイベントの数々を皆様に受けて頂きたく招致活動を行なっています。

今回、初めてのWorld Class WorkShop。

受けて今までの現実を変えるのか、変えないのか、はあなた次第!!!

残り10席以下となっておりますので、

お早めにご予約の程宜しくお願い致します。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。