笛吹きのひとり吹き Vol.6~舞台で緊張しないためには?~

こんにちは!!フルートインストラクターの髙橋です(^^)/
一気に冷えてきましたね(´・ω・`)
寒くなると激辛料理が食べたくなります!!アイスの次に辛い物が好きです(´・ω・`)


さて、今日のテーマはおすすめの激辛スパイス…ではなく
『本番の舞台で緊張せずに演奏するには』です。
私は昔から、比較的緊張しない方なんです。比較的、ですよ|д゜)

そんな私なりの緊張対策法をお伝えしたいと思います。

1つ目!1番大事なのは

『自分の演奏に自信を持つ』事

そのためには、曲を最初から最後まで通す練習を何回もします。
楽器を練習されている方ならきっとお分かりだと思いますが、
部分的に吹いたり弾いたりするとできるのに通したらできない…ってことありますよね。
通す、苦手な所を見つける、そこを集中的に練習する、それができたらまた通す…
これの繰り返しです。
曲の長さにもよりますが、私はこの練習3周くらいが限界です(笑)
それ以上は通しても集中力が持ちません(´・ω・`)
なんとなくでやってもあまり良い効果はないので、集中力の持つ範囲でやりましょう!笑


2つ目!

深呼吸をする事!

簡単なことですが、私は必ず舞台裏でやっています。
これは管楽器の方は特にしていただきたいです|д゜)
緊張するとどうしても呼吸が浅くなり、息が足りなくなったり思い通りに吹けなくなったりします。
ぜひ、息の通り道をしっかり広げるようなイメージで深呼吸してみてください( ˘ω˘ )


3つ目!

不安要素を解消する事!

緊張して手が震えてしまう方なら、カイロで温めるなど、これだけでもだいぶ落ち着いてきます(^^)/
私が気を付けていることは、冬場は暖房で演奏中に口の中が乾燥してくるので、本番前は水を持ち歩いています。
乾燥するとどうしても音にも表れてしまいます(´・ω・`)

あと、私は基本的にソロの本番は暗譜です|д゜)
これは人によりますが、私は譜面台を置かずに遠くを見て演奏する方が緊張しません(笑)
譜めくりもしなくていいですし( ˘ω˘ )笑



ざっと挙げてみましたが、いかがでしたでしょうか?
少しでも皆さんの参考になれたら嬉しいです(^^)/

次回のブログははもしかしたら演奏動画を挙げるかも!?
お楽しみに(/・ω・)/


過去のブログ記事はこちら

フルートサロン紹介ページはこちら

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。