【広島ギターショウ】ROAD TO "HIROSHIMA GUITAR SHOW" ~第三回~ Xotic(ベース)編

連続での更新になります、HIROSHIMA GUITAR SHOWブログ!!

今回は、プロミュージシャン御用達のブランド「Xotic(エキゾチック)」です!

Xotic XJ-1T4stAlder/R/BC

BODY

XJ-1T4stAlder

ボディーはジャズベースのボディーを基にプレイヤビリティーを考慮しネックジョイント部のヒールを丸め、斜めにアールをつけブッシュで取り付け。

また、カッタウェイの裏側にコンター加工をしてあるのでハイポジションでのプレイがよりスムーズ!

ペグ

XJ-1T4stAlderXJ-1T4stAlder

Hip Shot ウルトラ・ライトを使用。アルミを使用しているため非常に軽くコンパクトな作りのためヘッドが下がる心配はなし!

ペグ自体の重量が非常に軽いので弦振動を吸収することなくロング・サスティーンが得られます。

プリアンプ

XJ-1T4stAlder

Xotic Bassの3バンドEQのカバーしているレンジは広く、様々なジャンルに対応可能。

Tri-logic1ではミッドレンジEQの中心周波数をディップスイッチにて4種類選択可能でしたが、エヴォリューションモデルではボデイートップ上の二つのミニトグルスイッチによりハイ・ローミッドの切替えに加えてトレブルEQの周波数帯域を切り替える事が可能となっています!

このベースはとにかく幅広いジャンルに対応可能な万能な1本です。

扱いやすさと、あえて王道と外した独特なシェイプは他を圧倒するものとなっています!

カラーリングも当日は更に追加予定です!

この機会にプロミュージシャンと同じ楽器を手に入れましょう!!

では、大西でした!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。