自分で組み立てるダンボール製のレコードプレーヤー「SPINBOX」を図工が苦手女子が組み立てました。

組み立て?難しそう。私でもできました!!

画像
こんにちは、姫路店ピアノ担当青木です。
ダンボール製の自分で組み立てるレコードプレーヤーが姫路店にも入荷しました。
果たして図工が苦手な私でも組み立てることができるんでしょうか??

SPINBOX(マーブル)を組み立ててみました。

まずは開封

画像
まずは、ダンボールを開けてみました。

画像
こんな感じのパーツが入っていました。
この手前のパーツとか特に難しそう( ̄へ ̄|||)

プレーヤーの上の方を組み立て

画像
日本語の取扱説明書の通りにダンボールの淵を外します。

画像
次にこのダンボールの横のお菓子を開けるときについてるみたいな切り取り線に沿って外します。

画像
切り取りの向きがあるので、どこがスタートかを確かめて外すと簡単に取れました。

画像
プレーヤーを置く一番頑丈なダンボールを抜きます。

画像
補強のダンボールに両面テープをつけていきます。

画像
頑丈なダンボールにプレーヤーを乗せて

画像
裏返します。
このとき、アーム等が当たらないように他のダンボールにうまいこと乗せてください。
そして、この部分に2つダンボール製のワッシャーを取り付けます。

画像
そして、さっきペタペタ両面テープを張ったダンボールを

画像
ペタっと取り付けます。

ここまでは、スムーズにできました。

画像
パーツに入っているバネみたいなのを取り付けて

画像
ネジで止めていきます。
ドライバーも入っていますので、安心です。

画像
ドライバーとかネジに慣れていないので、ちょっと大変でした。

画像
思わず真顔になるレベルです。
ドライバーが細くてちょっと力がいるので時間がかかっちゃいました。σ(^_^;)

画像
最後にここにメダルを取り付けます。
これが実はただの飾りじゃなくて、重要な働きをしているらしいですよ!

これでプレーヤーの上の方完成なんです。

プレーヤーの下の方の組み立て

画像
このダンボールの穴をドライバーで抜いていきます。

画像
この黒いダンボールも同様です。

画像
重ねて

画像
足を取り付けます。

画像
次は入出力のカバーの取り付けです。
ここからプラスチックのネジを使います。
ワッシャー側が穴の狭い方と広いほうがあるので、広いほうをネジにはめていけば取り付けしやすいですよ。

画像
取っ手を取り付けます。ちょっと固いです。

画像
入出力のところの基盤みたいなのを取り付けます。

画像
ここでもう70%くらいはできてるそうです(*^.^*)

画像
次はボリュームのパーツみたいです。

画像
スピーカーの取り付けです。

画像
もう85%くらいらしいですけど、ちょっと力入れすぎて指が痛いですσ(゜・゜*)

画像
最後のネジだから頑張りましたp(*^-^*)q

画像
もう90%完成~♪

下の方の最後の配線

画像
スピーカーのケーブルを取り付けて

画像
ボリュームのところをケーブルでつなぎます。

画像
残り2つのケーブルで下の方のダンボールと

画像
上の方をつなぎます。

画像
まさか!
もうふたを閉めて完成( ̄ー ̄?).....??アレ??

画像
ボリュームのつまみをつけて完成ーーーー!!!!

レコードを聴いてみました。

画像
実は、USB電源なので、iPhone等に使えるモバイルバッテリーでも使えるんです。

画像
では、聞いてみます。
レコードって初めてかも(*⌒∇⌒*)テヘ♪

画像
わぁー凄い(⌒▽⌒;)

ミスタースムージーのご紹介

画像
SPINBOXにはクロネコちゃんが入っています。
Mr,スムージーって言う名前らしいですよ。

画像
針の上に乗せて再生すると針飛びが減るらしいですよ。

画像
完成~\(*T▽T*)/ワーイ♪

持ち運びも楽楽♪

画像
実は、パーツが入っていた箱にSPINBOXがすっぽり入るんですよw(゜o゜)w
ボリュームのつまみ用の穴もちゃんとあります。

画像
そして、こうやって閉めれば

画像
持ち運びも楽楽です♪

画像
ステッカーも入っていたので、箱に貼ってもカッコいいですね♪

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。