【古崎のエフェクター比較】Leqtique ₋レクティーク₋

どーも、みなさま!!!
1週間ぶりです!

画像

どーーーーーん!!!!

先日、動物園に行ったのですが、鳥獣コーナーのコサギという鳥になにか名前的なところで親近感を感じました。
エフェクター担当のコザキです!!!

今回紹介するのは.......

Leqtique(レクティーク)です!!!

日本製のハンドメイドエフェクターブランドで、知られるLeqtique!!

ハンドメイドということもあり、1つ1つのデザインや色合いが違います!

またそのクオリティの高さからユーザーからの評価も高いことで有名ですね!!

では早速見てみましょうー!

Rochechouart画像

ローシュシュアールと読むようですね!
コンプ感が少なくピッキングニュアンスをかなり表現できるように感じます
自然なオーバードライブの歪み具合で、ロックブルースには最高の一台ではないでしょうか!

コントロール Vol, Gain, Treble, Low-Cut


Redemptionist(RED)
画像

歪みの幅が広く、自然なクランチから、Gainをあげるとかなりエッジのかかったディストーションまで使い勝手の良いドライブペダルです

コントロール Vol, Gain, Treble, Low-Cut

Maestoso画像

TS系の音ですが、TSより歪みのレンジが広く、Lowがしっかり効いている印象です
コードの分離感が素晴らしく、どの位置でも使えるToneノブが良い仕事をしてくれています!

コントロール Volume, Tone, Gain

Caeruleum Lightdrive High Definition(CLHD)画像

このエフェクターは非常に面白いです!
歪みはローゲインオーバードライブといったところですが、真ん中のDefinitionノブをいじることによりコンプ感やファット感、音の輪郭の部分をいじれます!
クリーンブースター的な使い方はもちろん、プリアンプバッファーのような使い方もでき、サウンドを解像度の高いものへと調整することができます!

コントロール Volume、Gain、Definition

9/9S画像

レクティークオリジナルのハイゲインディストーションサウンド!
これは弾いていて気持ちいい歪み具合です
倍音やアタック感、サステインの伸びが良質で、チューブアンプのような温かいサウンドもしっかり出すことができます!

コントロール Volume、Gain、Treble、Bottom

レクティークの歪みはかなりいろいろなタイプが出ていますが、それぞれにすごいオイシイ使い方があります

ドライブペダルをお探しの方は、この5つの中に自分にあったものがきっとあるじゃないでしょうか!?

エフェクターや音作り、楽器のことも気軽に聞きに来てください!

では、また来週お会いしましょう!

こざき

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。