Takamine オーダーアコギ完成までの道のり ~その2~

皆さんこんにちは。
姫路店店長の久保です。

昨日お休みをいただき、リフレッシュを兼ねて姫路城を観光してきました。

3月27日にリグランドオープンしてからしばらく経ったし平日だから、そろそろお客さんの数は減っているだろうと想像していましたが、やはり世界遺産は凄いですね。

お客さんいっぱい(笑)。

午前中は今にも雨が降り出しそうな曇天でしたが、私が登りだすとすっかり晴天。
私、持ってますね♪

天守閣まで登れるようになっていて、急な階段をひた上ること約1時間…。
ぜぇぜぇ…言いながら到着した天守閣からの眺めは、それはそれは絶景かな絶景かな。
そこはかとなく殿様気分を満喫してきました。

さて、そんな個人的なお話から始まりました今回のブログですが、ご紹介させていただく内容は…

先日ご紹介させていただきましたTakamine オーダーアコギが完成しました!(拍手)

世界に1本だけのギター!
そうっ!まさに殿様ギター!

かなり無理のある前振りからの本題ですが、しばらくお付き合い下さい。

まずは全体のフォルムをご覧下さい。
画像

そうです!前回コチラでご紹介させていただいておりました時点では着色前でしたのでナチュラルでしたよね。
オーナー様のご希望はWRことワインレッドとなりました。
画像

それでは、細部をご紹介してまいります。
まずは、ヘッドです。
画像
バインディングとマーブルのペグがマッチしていますね~。
続きましては指板。
画像
エボニー指板にこだわりのスノーフレークポジションマークが絶妙です!!
画像
ボディのバインディングもこの通り。
ブリッジはエボニー材を仕様。
画像
注目のプリアンプは先日発売されたばかりの真空管プリアンプ「CTP-3」を搭載。
画像
バックもご覧下さい。
画像
※非常口が入ってしまっております(涙)。勿論、非常口柄は現品には入っておりませんよ。
バックのバインディング。。。贅沢すぎです♪
画像

2回にわたってご紹介させていただきましたオーダーギター完成までの道、いかがでしたか?
画像が全体的に見にくい点をここでお詫びします。
それでもとても素晴らしいギターが完成したということが伝わったのではないでしょうか?

この記事をご覧いただきご興味を持って下さったら『ブログ見たよ』と久保までお声掛け下さい。
また、ご紹介させていただきたいことがあったらチョコチョコ出没させていただきます。
それではまた次回、失礼しま~す。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。