【Sax Salon通信 in日吉津 Vol.14】お手入れ道具を選びに行こう!~サックス・クラリネット編~

みなさんこんにちは!
サックスインストラクターの原田です!

記事を書いているのはGW最終日...。元号も変わり、長かった10連休が終わりますがどのように過ごされましたか?

私は広島へ2日間旅行に行ってきました!といっても大学が広島県だったので馴染みのある場所へ行っただけになりましたが...(笑)
それでもとても楽しめました(^o^)

始まる新楽器生活!

さてさて、この時期に新しく楽器を始める方って多いと思います。
学校で吹奏楽部に入ったり、新年度に新しく楽器を趣味として始めたりなどなど...。

お店には吹奏楽部に入った新入生さんが、先輩に言われた小物を買いにいらっしゃっています。
でも実際お店で見てみると本当にこれで合っているか不安になってきますよね...。

そんなあなたに必見!「これさえあれば大丈夫!」というお手入れ道具をご紹介します!
今回はサックス・クラリネット編です。
それではサックスから見てみましょう!

サックスお手入れ道具

サックスに必要なものはコチラ!

・クリーニングスワブ(SAXサイズ)
・クリーニングスワブ(Mサイズ)
・ポリシングクロス(Mサイズ)
・クリーニングペーパー
・コルクグリス

クラリネットお手入れ道具

クラリネットに必要なものはコチラ!

・クリーニングスワブ
・シルバークロス
・クリーニングペーパー
・コルクグリス

共通のものが多いですね!!

使うもの、目的もほとんど同じです!

クリーニングスワブはサックスはYAMAHA、クラリネットはビュッフェクランポンのものがよく選ばれています。

クロスは楽器の色で使う種類が変わってきます。
サックスのように金色であればポリシングクロス、クラリネットの様に銀色の部分があればそこにシルバークロスを使いましょう!

クリーニングペーパーはタンポに付いた水分を吸い取ってくれる、あぶらとり紙のようなものです。楽器を片付ける時に要チェックです...!

コルクグリスは名前の通り、コルク部分に塗ってあげましょう。マウスピースとコルクの滑りを良くします。
リップクリームのように、スティックタイプがオススメですよ!


「ブログを見て来たんですが...。」とおっしゃっていただければ、店頭にてご案内させていただきます(^o^)
楽器を良い状態で長く使ってあげる為にも、お手入れは必ず行って下さいね!

それではまた次回の記事で~!!

Sax Salon通信 in日吉津 総合ページはこちらから(バナーをクリック!)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。