☆電子ピアノの選び方2018☆~楽器販売歴10年の私が伝えたい事~

--電子ピアノを購入する前に--

電子ピアノを選ぶ基準、目的をはっきりさせよう

画像

まず、あなたはどういう理由で電子ピアノの購入を考えていますか?
・これからピアノを始めようとしている
・すでに持っているが買い替えを検討している
・保育士などの試験勉強に必要
・引っ越し等でアコースティックのピアノを処分し、電子ピアノに買い替えようとしている
・昔ピアノを習っていたがまた始めたくて手頃なピアノを求めている

・・・と、細かい条件を入れたら本当に様々だと思います。

楽器店に来てから、考えよう!というのも良いと思いますが、先に目的をはっきりしておくと選びやすいですし、もしお得なキャンペーンがその日までだったら・・・!なんてこともありますよね。

画像

私は電子ピアノを買う前に

①サイズ②予算③メーカーの好み④デザイン⑤安心して購入できるお店。
この5つをしっかり決めると良いのではないかと思います。

1,サイズを測ろう

画像

♪高さ

~100cm前後(譜面立て込み)※各メーカーによって形状が異なるので注意です。特に『譜面立て』を含めた高さを確認しておきましょう。

♪奥行

30cm~60cmくらい
※メーカー、機種タイプにより幅がちがいます。スタイリッシュなモデルを探しているのか、キャビネットと言われる通常のサイズか決めましょう。問題なければ、安定感のあるキャビネットをお勧めします。ここで実際に部屋に設置する上で見落としがち はっ・・・!! なことがあります。それは

椅子(ベンチ)を置いた時の奥行です。だいたい壁から80cm~120cmくらい(椅子(ベンチ)込みでの奥行)は確保したいところです。

♪幅

130cm後半~150cm弱くらい。メーカー、機種タイプにより異なります。鍵盤数は88鍵で同じですが、操作パネルが横にあるか前にあるかでサイズは変わります。

2,電子ピアノの相場を知り予算を考えよう

楽器店で売れ筋は15万~27万クラス

画像
電子ピアノの差は、「価格の差」で決まるといっても過言ではありません。
今はネットでぽちっと簡単に購入できてしまう時代ですが、楽器店に来られるお客様は、店頭で色々な事を確認し、信頼・安心できるお店、スタッフから購入したいと仰います。私は長年電子ピアノ販売をしておりますが、正直に言うと、価格やタッチや音や機能♪そういった総合的なバランスを考え、15万~27万以上の電子ピアノをお勧めしますね。

3,メーカーの違い

画像

『メーカーの違いは個性の違い』

会社は基本的に「ヤマハ」、「ローランド」、「コルグ」、「カシオ」、「カワイ」の5社。
ここで話すと長くなるので、簡単に言うと音源(音色)・鍵盤(素材)・デザイン・機能の違いです。各社特徴があるのですが、好みになってくる部分もあります。

4,置き場所に合ったデザインを選ぼう

お部屋の中に置いた時をイメージしてみましょう。
画像

カラーはオークがじわじわ人気の予感。ただ、同じオークカラーでもカワイさんとローランドさんは雰囲気が結構違います。
あとは、ヤマハさんのホワイトアッシュも北欧調でおしゃれですし、最近島村楽器限定でローランドさんからミルキーウッドがでました。これは本当に可愛い・・・♡是非見てほしいですね。といってもやはり売れ筋は黒いピアノ。本物も黒なので違和感なく弾けます。

画像
カリモクさんとローランドさんコラボの「キヨラ」も注目。私も誘惑に負けて買ってしまいました。でも・・・買って良かったです。最高です。

5,安心・信頼できるお店、店員さんを見つけよう

画像
やはり楽器はきいて、触って自分の感覚を信じるのが一番です。しかし、電子ピアノはアナログの商品ではない為、1人1人最適な商品があります。そんなお手伝いをしてくれるお店、店員さんを見つけてみてください。

ちなみに私は島村楽器で店長をしております。皆様のピアノ選びのお手伝いが出来たらいいなぁと思いますので気軽にご相談ください!
当店電子ピアノ総合案内ページはコチラ

この記事を書いた吉田の紹介はコチラ

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。