超格安で高級シールドを作れる!夏休み特別シールド製作セミナー!

皆さんこんにちは!加藤です。

ギター、ベース本体はこだわったけれど、シールドってよく分からないしそんなに変わらなそうだから適当に安いものを買ってしまった
なんてことはございませんか?
シールドはギターとアンプを繋ぐとても重要な役割をしております。
そのためシールドの質によって音はすごく変わってくるのです!
今回島村楽器アリオ橋本店では、代官山音楽院特別企画第二弾シールド製作セミナーを開催いたします!
完全予約制となっておりますので、お早めにご予約ください。

完成品価格1万円越えの商品が3240円(税込)で作れる!?

画像
今回製作するシールドのケーブルにはシャークワイヤー社という高級ケーブルメーカーさんのオーディオケーブルを使用させて頂きます。
このケーブルは完成品価格1万円越えとなっており、高品質、高音質、耐久性に優れていると言う事でとても有名です。
今回このケーブルとスイッチクラフトのプラグを組み合わせてシールドを製作します。
高級シールドがどれだけ良い音になるかを体感してみてください

ケーブルとプラグを組み合わせる際に半田こてを使用しますが、半田こてを扱ったことが無い方でも扱い方など細かくレクチャー致しますのでご安心下さい。

※製作頂くシールド3m、プラグはs-s型になります。

良いシールドと悪いシールドの違い

  • ノイズ

ギターとアンプをつないだ時に「ジーーーーー」というノイズがなってしまう事はございませんか?
もしかしたらそれはシールドのせいかも知れません、安いシールドですとケーブルの皮膜が薄かったり防磁性が悪く、外からのノイズを拾ってしまうのです。

  • 耐久性

ライブやスタジオで動きまわる際にケーブルに負担がかかり続けています。細すぎるシールドは取り回しはし易いのですが衝撃に弱く断線してしまう確率が高くなります、そのため寿命が短く何度も買い換えなければいけないという事がございます。良いシールドは線材がしっかりしておりますので、断線しにくく、音が劣化しにくいのです。

  • 音質

良いシールドは音がとてもクリアになり音質がすごく良くなります。
この違いは実際に耳で体感しなければ分かり難いので是非お店にお越し頂き、体感してみてください!

講師プロフィール

画像
立沢知巳先生
ギター製作工場でキャリアをスタートさせた。
現場での豊富な経験に理論が加味された作品群は高い注目を浴びている。
現在はギタークラフト&リペア科夜間科を主に担当。

イベント詳細

開催場所 島村楽器アリオ橋本店店内スタジオ
日時 2015年8月2日(日)第一部13:00~15:00第二部15:30~17:30各部5名ずつ
料金 3240円(税込)
定員 10名

席に限りがありますのでお早めにご予約下さい。

ご予約・お問い合せはコチラ

店舗 島村楽器 アリオ橋本店
電話番号 042-700-0180
担当 加藤 東條

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。