【オーダーギター納品レポート】第6弾!K.Yairi編 ※1/24更新

島村楽器プレ葉ウォーク浜北店オーダー担当白井です!
今までのオーダーレポートではエレキギター・エレキベースのレポートを書いてきましたが、今回はアコースティックギターのオーダーをしてまいりました!!
オーダーの依頼者は以前にもエレキギターをオーダー頂いている大城様よりご依頼頂きました。

大城様のオーダー記事はこちら↓

という事で、アコースティックギターのオーダーです。
今回は元となるモデルから少し仕様変更したプチオーダーとなります。

K.Yairi

ヤイリは「高品質より我ら生きる道なし」という社訓を掲げ、その通り高品質なギターを生産。木材を吟味することから始まるギター製造は、あくまでも「手作り」と「メイドイン・ジャパン」にこだわっている。世代を超えてずっと愛され続けるギター。年月を重ねても色あせないデザイン、使い込むほどに深みが増す音色・・・。そんな1本をプレイヤーの方に手にしていただくために、材料である天然木の品質にこだわり、30人ほどのクラフトマンによる多種少量の手工生産というスタイルを1970年代から守っている。

オーダーまでの経緯

普段はエレキギターを弾いている大城様ですが、アコースティックギターが必要になったという事でアコースティックギターを購入することに。
元々は既存のギターの中から選ぶ予定でしたが、なかなか納得のいくものが見つからずどうせなら良いモノをという事でオーダーとなりました。
国産手工主義の信頼性・日本人にあったネック設計などが決め手となり、K.Yairiが選ばれました。
今回は工場にお邪魔しておりますので、その様子もお伝えいたします!!

オーダーから約5ヶ月の製作期間

オーダーでは、まずオーダーシートに要望を記入してメーカーに希望を伝えます。
K.Yairiの場合は3種類のオーダーメイドがあります。

①セレクトオーダー…専用カタログから全てのパーツを選んでいくオーダー方法。

②オリジナルオーダー…ベースとなるモデルを選び、こだわりの部分のみ仕様を変更。

③K.Yairiカスタムショップ…K.Yairiが誇るマスタークラフトマンが作製するオーダー。

詳しくはコチラをご覧ください。

今回は②でオーダーを行いました。

工場見学・木材選定

場所は岐阜県可児市。大城様と伺いました。

工場見学では一通りの工程を見学することが出来ます。
案内はファクトリーコーディネイター/クラフトマンの森幸久氏にして頂きました。
まず案内して頂いたのは自然乾燥中の大量のエボニー材。

昨今強制乾燥によって乾燥を終わらせるメーカーが多いなか、こだわりを持って自然乾燥という工程を行っています。※強制乾燥を行っていないわけではありません。


次に案内されたのが職人たちの休憩スペース。

ここにはK.Yairiの歴史が飾られており、樹齢約380年の丸太も飾られております。世にはあまり知られてはいませんが、ギターの木材として使用できるのは約樹齢200年ほどの木なのです。
こんなギターもありました。

指板とブリッジが象牙で出来ています(笑)


次はトップ材加工の作業を見学させて頂きました。

ここで聞いて驚いたのが、ブレーシングの接着は現在もにかわを使用しているという事です。
※にかわ…紀元前の時代から使用されている接着剤。着脱が容易で修理に適している。


工場内を移動中木材が至る所に保管されていました。


次はボディ製作~検品の工程を見学させて頂きました。

ここでは楽器の金額に関わらずネックを1本1本手削りし、日本人好みのネックに仕上げています。

そしてこの部屋で最終的な検品・調整を行います。

検品を終えた島村楽器のオリジナルモデルを発見しました!!


K.Yairiにはこのような部屋もあります。

この部屋は温度や湿度を安定させるためにあるのですが、K.Yairiでは更に音楽を聞かせています。
音楽を聞かせることによって、木材に適度な振動を与えています。
頭上には社訓が掲げられています。


次にショールームに案内して頂きました。
元々ベースとなるモデルは決めてきていましたが、これだけ豊富な種類のギターが揃っている所はショールームならではなので再度モデルの検討。
森さんのお話を聞き、大城様のご要望をお伺いしてベースモデルはDY-28に決定いたしました!!

大城様もご納得なこの表情!!


そして本日のメインである木材の選定を行いました。
驚くことに木材のスペシャリストであるマスタービルダーの丹羽雪男氏に木材選定を行って頂きました!!
トップ材は美しい木目と、程よいしなりがある木材を選び、サイドバック材は色味のみ指定をし、トップ材の癖を考慮した木材を選んでいただきました!!


木材選定後には社長の矢入賀光氏・森幸久氏に挨拶をし記念撮影をし、K.Yairiを後にしました。

ギターの完成は約5か月後となり、非常に楽しみです。
完成した際にはこの続きをレポートいたしますので、楽しみにお待ちください!!


オリジナルオーダーでの変更点

ベースモデル:DY-28 ¥237,600
ヘッドロゴ変更:縦ロゴ ¥5,400
トップ材変更:シトカ→イングルマン ¥32,400
ピックアップ取り付け:ELEMENT-VTC ¥27,000
合計金額 ¥302,400

※消費税8%のお値段です。

木材選定から5ヶ月……遂に完成!! ※1/24更新

待ちに待ったギターが浜北店に到着致しました!!
すぐに大城様に連絡を行い、ご来店いただきました。
ついに対面の時です……

大城様のご要望により、未開封状態だったのでこの時初めてギターを目の当たりにしました。
非常に美しく、丁寧に仕上がられた1本でした!!


少しの変更でこだわりの1本が完成いたしました!!


少し長くなってしまいましたが、今回のレポートは以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
オーダーに関して気になることがある方、どしどしご連絡ください!!一生に1本のギター選びを全力でお手伝いさせて頂きます!!

お問い合わせ

担当 白井(しらい)

電話をかける

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。