【スタッフブログ】一生モノのアコギを求めて。。Vol.6 Leaf Instruments工房訪問記『延長編!』

みなさまこんにちばんは。
アミュプラザ博多店のアコースティックギター担当、荒木(アラキ)です!
すっかり冷え込んできました。。布団の暴力的なぬくもりと毎朝戦っています"(-""-)"

さて、、
連載記事となっています!もし読まれていない方はこちらから読んでいただけるとより分かりやすいかと!
【スタッフブログ】一生モノのアコギを求めて。。第一回連載!

延長編て、この間後編をアップしたばっかりじゃないか!どういうことなんだ!?

という感じですが、オーダーはあれだけではなかったのです!!

まあ、薄々感づいている方もいらっしゃるかもしれませんが、、追加でもう2本お願いをしてきました!!アラキ歓喜!!

まず延長編一本目は私がお願いしたものと同タイプの「椿」Tsubakiをお願いしました!!

木材についてはあの杢目の美しい「カタロックス」を採用した一本!

これですね。

カタロックスはメキシカン・ロイヤル・エボニーとも呼ばれ、非常に硬くまた多く油分を含む素材でタッピングした時の音は緻密で、乾いた高域の響きが心地良いです!!

鉄弦でこう鳴らしたときにきっと気持ちいい感じに跳ね返して包んでくれることでしょう!!とても楽しみです!

しかしまあここまでがっつりサップが入って尚且つ杢まで入ったものはなかなか無いようで、杢目フェチとしては本当たまりませんっ

さらに今回のモデルはTwitterでも話題のあの「青」の塗装をしていただけることに!!全面青もかっこいいですが、、

こんな感じのグラデーションも堪らないですし、、

こんな風にまだらな感じでまるで水彩画のような美しい滲みの表現も捨てがたいです!!!

もう少しここはネリネりしていこうと思います!

ご予約や、スペック、金額等のご相談はこちらのデジマートからも承っております!!


そしてそして、、とっておきの大玉も仕込んじゃいました、、、っ。

Leaf Instruments 通算製作100本目となる記念モデル「椿」販売決定!!

いろんなタイミングとご縁が重なり、非常にありがたいことにメモリアルモデルをやらせていただきます。身の引き締まる思いです。

完成の際にはぜひもう一度工房に伺いたいですね~!!

さて、、どんな仕様になるかというと、

やはり外せません、ハカランダ!!

タップトーンを聴かせていただきましたが、一撃でやられてしまいましたね、はい。。これが王者たる所以かと感動しました。

この材で作ったギターが一体どんな音に仕上がるのか、、今から本当に楽しみです。

記念モデルという事ですべての仕様を豪華にアップグレードし、

まずトップには長坂さんも太鼓判を押す「カルパチアン・スプルース」を採用。

杢目も美しい、色白な見た目です!

サイドバックはもちろんですが、さらに指板やブリッジ、ヘッドプレート裏にもハカランダを採用!

ネックには上位グレードのホンジュラスマホガニー、ヘッドプレートとロゼッタのにはもちろんあの「青」塗装。

これらを上品にまとめ上げるため、バインディングにはエボニーを使用。

ペグのツマミも指板、ブリッジに合わせて茶色の木材で合わせています!

特製の岩本ハードケースも付属し、まさにメモリアルにふさわしい仕様です!

正直この一本も欲しくてたまりません。。!!非常に完成が楽しみです!

ご予約や詳細などはこちらもデジマートから承っております!


夢の詰まった一本をこの機会にいかがでしょうか。

製作が進み次第また更新していきます!

それでは!!


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。