博多ジャズサックス道場 音楽理論(コード進行)編②

みなさんこんにちは。

島村楽器ジャズサックス講師の宮本道隆です!

ジャズサックス講師 宮本道隆の紹介ページはこちら

島村楽器アミュプラザ博多店 開講コース・講師の紹介ページはこちら

過去記事まとめページはこちら

自身の独断と偏見に基づいて、ジャズやサックスのちょっとしたことを徒然なるままに綴るコラム「博多ジャズサックス道場」!
初回からややこしい話でしたが、まだまだ序の口です!というか前回書いてて自分の矛盾に気づきました。みんなが知りたがってるのは音楽理論じゃなくてコード進行のことだよ〜と言っておきながら、タイトルは「音楽理論編」。タイトルの括弧書きがせめてものあがきです、平にご容赦を…

今回は前回の続きというか補足、カデンツについてです。

カデンツ(終止形)

①で書きましたように、音楽には終わり方があります。これをカデンツ(終止形)というわけですが、最も典型的な終止形がドミナント終止(Ⅴ-Ⅰ)です。クラシックでは3和音ですが、ジャズでは4和音が基本となるので、ジャズ的な表記だとⅤ7-Ⅰとなり、ファンクションで言うとD→Tとなります。

ジャズではこの動きを特に「ドミナントモーション」と言いますが、これが実はジャズのコード理論において何よりも重要なポイントで、今後解説するより発展的なコード理論でも頻出しますので、ぜひ覚えておいてください。

ドミナントモーション

このドミナントモーションの時、重要な音の動きが二つあります。まず一つは前回お話ししたルートモーション。そしてもう一つが、和音の内声の動き、和音の3rdと7thの動きです。この内声の二音のことを特に「トライトーン」といい、そのインターバルは増4度の関係で、この関係性は不協和音に属します。そして、この二音が音重力に導かれる先に、Ⅰのコードのルートと3rdが来ます。この動きをResolve(解決)と言います。画像例で言うとファとシがトライトーンで、ファ→ミ、シ→ドの動きがリゾルブです。

①で和音の機能を安定と不安定の2状態に分けましたが、何を以って不安定とするかは、和音の関係性の中に不協和音が入っているか否かで判断していたわけです。不協和音が混じった不安定で緊張感がある和音から、協和音で構成される安定した和音に落ち着く、この緊張から解放への一連がResolveであり、コード進行における根幹を成すのです。

===========================================

前回分別した和音の機能について、掘り下げて説明してみました。どういう理屈でもって役割を分担したのか、根拠があって仕分けしたんですね。

本文にも書きました通り、ドミナントモーションはジャズにおいてそこかしこに出てくる重要キーワードです!アドバンスな内容で頭がこんがらがった時は、このページに戻りましょう!

今回出てきたキーワードをまとめると下記になります。

ドミナントモーション、トライトーン、リゾルブ(解決)

音楽教室ホームページ

ジャズサックス講師 宮本道隆の紹介ページ

島村楽器アミュプラザ博多店 開講コース・講師の紹介ページ

店舗 島村楽器 アミュプラザ博多店
電話番号 092-413-5420

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。