【ぴあのんびり通信vol.28】~大きな音を探せっ!~

ショパコン!!!!

どうも、ピアノインストラクターの福森です。



今年は「第18回ショパン国際ピアノコンクール」、通称「ショパコン」が大盛り上がりでしたね!
世界最高峰のピアノコンクールで、


今年はなんと、日本人から反田恭平さんが第2位、小林愛実さんが第4位に選ばれました!!😭😭👏👏
おめでとうございます!!!

反田さんは大学時代の同級生なんですが、一ファンとしてずっと応援していたので本当に嬉しいです✨
お二人とも本当に素晴らしい演奏でした・・・!



YouTubeで今も配信されてますので、ぜひ観てみて下さいね✨



さて、今回は大きな音を探してみましたよ!

ぴあのんびり通信、はじまります~!

音の大きさの単位

音の大きさは「dB(デシベル)」という数値で表されます。

普通の人間の話し声はおよそ50~60dBくらいで、深夜の住宅街なんかだと20dBくらいになるそうです。


ちなみに世界で一番大きな音は、1883年に起きた火山の噴火の音だそう。
その音は4800kmほど離れたところまで届いたんですって!!

八王子でその音が鳴ったら、4800kmだとどこまで届くかな~って調べたら、どうやらパプアニューギニアまで聞こえるみたいです。(笑)

ものすごい爆音🌋


大きな音出せる人いないかな・・・。

大きな音っていったらやっぱりサックスでしょ!!黒川さーん!

(すいぶんファンシーな写真になってしまいました)




一番大きな音で!とオーダーしました。
では早速お願いします!はいっ!せー・・・

\110dB!!/



いやなんか突然吹き始めるんで結構びっくりしましたよ。
吹くよ!とか一言ください。


それしてもさすがサックス・・・🎷

かっこいい重低音が体の芯まで響きました!!
この音色が人気な理由が良くわかります。


もっと大きな音を出せるらしい人がいるって!?

どうやら電子ピアノ担当の大原はめっちゃ大きな音で舌を鳴らせるとのうわさを聞きつけました。大原さーん!


舌を上あごにつけて、カランッて鳴らすやつです。
めっちゃ真空状態にして鳴らすらしいですが、私は猫と戯れられるくらいにしか鳴りません。まぁ寄ってこないんですけど。🐈



それではお願いします。

せーの!




大原が叩き出した数値はなんと

\68dB!/


(意外と普通だった)

音を防ぐには防音室がおすすめ!

八王子店には防音室の展示がございます!


ピアノや機材も設置しているので、実際の防音性能を試すことが出来ます。
ぜひお試しあれ!

最後に

楽器の単体の音だと130dB前後が限界のようでした。


バンド演奏や吹奏楽、はたまたアンプを使ったりすればもっと大きな数値が出そうですね!
今はスマホのアプリなんかでもdBを測ることができるので、ぜひ皆さまも試してみてくださいね♪


というわけで!最後までお読みいただきありがとうございます!

また次回の更新でお会いしましょう~!

バックナンバーはこちら!

お問い合わせはこちら!

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

店舗名 島村楽器八王子店
電話番号 042-656-7321
音楽教室総合案内 こちら
担当 福森 聖奈

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. 会員No.2 すずちゃん より:

    大きな音のネタを探したのですがなかなか見つからず書き込みが遅くなりました。
    色々思案した結果、大きな音に対抗できるのは高い音です。
    すずちゃんが学生時代やっていた吹奏楽の中で一番大きな音といえば、チューバですねかね。
    このチューバの大音量に唯一対抗できるのがピッコロのHi-Cです。
    (ハイシーと読まないでくださ。そういう有名な商品があるようです。ドイツ語読みで、)
    88鍵ピアノの一番高い音と同じです。
    ピアノだとすぐ減衰してしまいますが、ピッコロでは息が続く限り持続できます。
    このHi-C、ちょっと言葉が乱暴ですが、殺人的超音波です。
    (実際に人は死なないので安心してください。)
    (物理的定義では超音波とは聞こえない音のことなので超音波ではありません。)
    フラッターを掛けるとさらに凄いです。
    ちょっとストレスが溜まっている時、
    一息、ピーーー〜〜〜、と出すとスッキリします。
    あまり多用すると人間関係が悪くなり本当に捕まってしまうのでピッコロ奏者の方は気をつけましょう。
    ピッコロは2年生の時に当番制で担当することが学生の吹奏楽部では多いようです。
    すずちゃんもそうでした。
    ピッコロの良い思い出、悪い思い出もあるので、また機会がありましたら書き込みします。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。