2021年も夏の短期レッスンスタート!またまたスタッフにインタビュー Vol. 7:黒川

今夏も夏短開講!

 こんにちは!フナハシです!島村楽器では夏と冬に、入会金不要でおよそ1ヶ月分の料金で3回のレッスンが受けられる『短期レッスン』を開講しています。年間を通して通うことは難しい人や、1回の無料体験レッスンでは通うかどうか決められない方など、多くの方に好評を頂いております。
 2020年~2021年の冬の短期レッスン時に、企画ブログ「音楽教室ってぶっちゃけどう?当店スタッフに質問してみた!」を連載させて頂きましたが、2021年夏の短期レッスン開講!ということで、第2弾でございます!今回のテーマは・・・

「演奏の楽しいところ」

です。

夏の短期レッスン詳細はコチラ

八王子店開講コースはコチラ


第7回:サックスインストラクター黒川

 続いて登場するのは黒川!サックスインストラクターですが、楽器の入りは鍵盤だったんですね。知らなかった!

Q. 音楽や楽器に興味を持ったのはいつ頃で、きっかけは何でしたか?

 小学校5年か6年の頃に友達に誘われて音楽クラブに。キーボードをやっていました。


Q. 初めて「はまった」といえるアーティスト、作曲家は?

 Mr.Childrenです。いとこがハマっててその影響で聴くようになりました。


Q. 普段、どんな風に音楽を楽しんでいますか?

 最近はYouTubeで流行った曲を聴いていい曲だったら買ってアーティストに微力ながら貢献するようにしています。

車で音楽を流しながらドライブするのが好きです。


Q. どんな時に「演奏って楽しい!」と感じますか?

 昔からやっているグループでの演奏で。本番もそうですが合わせをして演奏を面白くしていく作業が楽しかったです。

  

Q. 逆に、どんな時に「楽しくない」「辛い」などと感じますか?

初めてやる曲などで、合わせが上手くまとまらないとき

楽しく演奏したい

 サックスインストラクターとして働く黒川ですが、プレイヤー目線の強い回答な印象です!演奏を仕上げていく過程が楽しくて、逆にうまく進まないときは楽しくない。とてもシンプルですが、楽しいからサックスを吹いている!だから楽しみたい!という事ではないでしょうか。


7人の掲載を終えて...

 さて、ここまで7人分を記事にし終えたところですが、楽器屋で働いているだけあって、演奏技術面の壁にぶつかったなど、楽器演奏自体が楽しくないと回答したスタッフはほとんどいなかったです。その理由としては、壁を乗り越え上達していく過程が楽しかったり、上手く壁を回避したり、音楽教室や音大などに通っていたため教わる環境が充実していたからでしょうか。まだまだ続いていきますよ~!

 

次の記事へ

前の記事へ

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。