2021年も夏の短期レッスンスタート!またまたスタッフにインタビュー Vol. 6:福森

今夏も夏短開講!

 こんにちは!フナハシです!島村楽器では夏と冬に、入会金不要でおよそ1ヶ月分の料金で3回のレッスンが受けられる『短期レッスン』を開講しています。年間を通して通うことは難しい人や、1回の無料体験レッスンでは通うかどうか決められない方など、多くの方に好評を頂いております。
 2020年~2021年の冬の短期レッスン時に、企画ブログ「音楽教室ってぶっちゃけどう?当店スタッフに質問してみた!」を連載させて頂きましたが、2021年夏の短期レッスン開講!ということで、第2弾でございます!今回のテーマは・・・

「演奏の楽しいところ」

です。

夏の短期レッスン詳細はコチラ

八王子店開講コースはコチラ


第?回:ピアノインストラクター 福森

 続いて登場するのは福森!野田の回もでしたが、演奏を教える仕事をしている人が、どんな風に音楽を楽しんでいるのか気になるところです。

Q. 音楽や楽器に興味を持ったのはいつ頃で、きっかけは何でしたか?

 年長のころです。
幼稚園のピアノ教室でピアノを習っている子がいて、その姿を見てやってみたい!と言い出した記憶があります。
が、母曰く「私が勧めたのよ」と言っています。多分嘘です。


Q. 初めて「はまった」といえるアーティスト、作曲家は?

 UVERworldです!
かっこいいサウンドと熱い歌にびびっと来て以来、なんだかんだずっと聴き続けています。

 クラシックだと大学1年生のころに、シューマンの絶妙な和音にドはまりしました。


Q. 普段、どんな風に音楽を楽しんでいますか?

 通勤やひとりでお出かけの際には欠かさず聴いてます。
「超ときめき♡宣伝部」さんというアイドルグループが好きなのですが、ピアノの楽譜は当たり前のように出ていないので、耳コピして弾いて楽しんだりもしています。

 あと、ライブに行ったときは、後でそのライブのセトリを作って思い出に浸ります!
「あ~ここでレスくれたな~」とか思い出しながら聴くと感極まります。最前で観れたときのセトリが一番好きです!


Q. "演奏"に関係する、一番「楽しかった」思い出は何ですか??

 先生に褒められた時です。
それこそシューマンにハマった時期に、旋律が美しすぎて「どうにかしてこの旋律を美しく弾きたい!美しいってわかってほしい!」と思いながら練習して本番で弾き切ったときが思い出に残っています。

 あとは難しい伴奏を弾き切ったときですね。
ソロもめちゃくちゃ難しかったのですが、ジャーーン!!!と演奏がばっちり終わったときに「よっしゃー!」と感極まりました。(笑)


Q. 逆に、どんな時に「楽しくない」「辛い」などと感じますか?

 暗譜が飛んだときは恐怖のあまり凍え死ぬかと思いました。
楽しくないというかもう焦りと絶望とこのあと先生に怒られるっていう恐怖がすごかったです。
暗譜で弾くのは今でも怖いですね。


自分も習っていたからこそ

 楽しかったことも、楽しくなかったことも、先生が関係するのが興味深いですね!その辺りを実体験として知っている人に習うというのは、「音楽教室、続けられるかな?」といった不安をお持ちの方にはとても心強いのではないでしょか。

次の記事へ

前の記事へ

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。