【ぴあのんびり通信vol.17】~知られざる「譜めくりスト」~

やっと晴れた!!

どうも、ピアノインストラクターの福森です。



先日、立川のgreen springsへ行ってきました!
あの一角に新しくライブ会場が出来たんですよね!

アイドル好きにとっては、新しいライブ会場が出来るなんてもうわくわくで歓喜です。


会場見学が出来るとのことだったので中に入ってみると、なんとロビーにスタインウェイのグランドピアノが!!

しかも15分弾くことができるとのことでしたので、弾いてきちゃいました!(笑)


柔らかい木の色がかわいい!!
O型の小さめのピアノでしたが、ロビーのつくりのおかげもあって、ものすご~くきれいな響きでうっとり。
小学4年生以上、ピアノ歴1年以上なら誰でも弾けるとのことでしたので、皆さまもぜひ弾いてみてくださいね♪



さてさて、ここでクイズです。
この、ピアノの横に座っている方をなんと呼ぶか、ご存じでしょうか?

そう、譜めくりスト!!

今回は、この譜めくりストに焦点をあててみました♪
ぜひ最後までご覧ください!

ぴあのんびり通信、はじまります~!!

譜めくりストのお仕事

その名の通り、ピアノ伴奏者や連弾奏者の「譜めくり」をしてくれる方のことを言います。

伴奏の場合は、ソロ楽器がどこを演奏しているのか把握する必要があるので、「ソロ譜1段」と「ピアノ伴奏譜2段」で計3段の楽譜が並びます。
それゆえに1ページあたりの小節が少ないので、ページ数がかさむんですよね・・・。

こちらは、フルートの7分弱の曲の楽譜。
フルートは3枚なのに対し・・・

ピアノはなんと11枚!!

本当に多すぎるんです。
絶え間なくピアノが伴奏し続ける曲なんかだと、譜めくりなんてとても手が回りません・・・(泣)


連弾のリハで譜めくりがいないときは、ピアノの周りに楽譜が飛び散ります。(2017年夏の発表会)



そんな時に、譜めくりストがサッとページをめくってくれるんです。
演奏に集中できるし、本当に感謝しています。いつもありがとうございます。

「譜めくりスト」のココがすごい!

難なくやってのけているように見えますが、実は結構大変なお仕事!

楽譜をちゃんと追える!

はい、これは前提として必要な能力ですね。

フルートなんかの難しい曲になってくると、どこ吹いてるかよく分からなかったりするんですよね・・・。
ソロを見失ったときのためにも、伴奏譜も読めるとなお心強いです!💪

タイミングがばっちり!

これ、かなり重要なポイントです!
伴奏者が楽譜を追っているとき、1小節先を見ているのか、2小節先を見ているのか、2拍先を見ているのかなど、どこを追いかけているかでめくるタイミングが変わります。

次を見たいのにめくってくれない!という時には、うんうん頷いて譜めくりを促すことも・・・。

曲のテンポに合わせて譜めくりしてくれる!

速い曲を弾いているときにゆ~っくりめくられると、「早くめくって~~!」という気持ちになります。(笑)
曲のテンポを乱さないようめくってくれると、伴奏者が楽譜を追うスピードと差が出なくてとっても嬉しいです。

誰でもできそう??

ある時、どうしても譜めくりが見つからなくて、楽譜の読めない知り合いに譜めくりをお願いしたら、


「ページめくるだけでしょ?」

と言われたんですが、



い~やいやいやいや!!!

譜めくりって結構責任重大!(その時は合唱の伴奏だったので歌詞を追ってもらうつもりでした)



めくる場所を間違えたり、勢い余って2ページめくってしまったりすると、もう大変なんです!!

演奏中の必死な伴奏者の手が出てきて、光の速さでめくり直し!
譜めくりをミスすると演奏を妨げかねないので、譜めくりストはかなり気を張って楽譜を追いかけています!!

最後に

いかがでしたでしょうか?

単純そうに見える譜めくりも、実はいろいろなことに気を付けながらやっているんですね。
しばらくイベントの機会がないのですが・・・ぜひ譜めくりストにも目を向けてみてくださいね!


というわけで!最後までお読みいただきありがとうございます!

また次回の更新でお会いしましょう~!

バックナンバーはこちら!

お問い合わせはこちら!

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

店舗名 島村楽器八王子店
電話番号 042-656-7321
音楽教室総合案内 こちら
担当 福森 聖奈

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. 旧姓会員No.1 より:

    素顔はもちろん、マスク姿もお美しい奈緒様が写ってる❗
    「わざわざ書かなくてもみんなそう思ってることだし❗」っ言われそうだけどw

    発表会やコンサートでピアノの譜めくりしてる方の動きをよく見てしまいます。
    たまにタイミングが合わなかったり譜めくりを失敗ちゃうことも見てきたので、演奏中に譜めくりの方が立つとこちらも緊張してきます。

    譜めくりと言えば、以前N先生がビアノを演奏中に譜面をめくったら戻りかけて、右手で瞬速ビンタしてめくり直したのが印象に残っていますw

    1. 旧姓会員No.1 より:

      今回のぴあのん通信は、僕を会員No.1にめでたく迎えた師の皆様がフルに登場していますね❗

  2. 小沢です。 より:

    野田春華先生に。

    今はモーツァルトのフィガロの結婚から序曲を練習してます。
    きよらもアリウスも元気ですよ。
    アリウス、中に埃があったみたいなので、ヤマハのメンテナンスの人にクリーニングしていただいて、良くなりました。

    ローランドのきよらは凄いです。何が?って言われると、色々ですが弾きやすいし楽。アリウス弾くのと力加減が全然違う。2台のピアノで脱力の練習になる。

    もし八王子に戻れて再開できたら、また野田先生のレッスンでフィガロの序曲やりたいです。

    さすがにラカンパネラはまだ難しいかな。けどベートーヴェンの月光は暗譜しましたよ。

    色々とお騒がせしてしまい、野田先生ごめんなさい。。。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。