【ぴあのんびり通信vol.16】~感性が研ぎ澄まされ・・・る??現代音楽!~

あっという間に7月になりました~!

どうも、ピアノインストラクターの福森です。




先日、フルートインストラクター齊藤から「今日の夜ご飯なに?」とLINEが来たんですが(一緒に住んでいるわけではありません)、「昨日作った小籠包だよ~」と返すと、なんと「うちも昨日小籠包www」と返ってきて、なんだか変なところで運命を感じてしまいました・・・。

つい最近購入した体重計も齊藤が持っているものと同じだったらしくて、旧姓も一緒だったのにここまで揃わなくても・・・となんだか不思議な気持ち・・・ねぇ・・・。(笑)




さて(笑)、今回はちょっと変わった音楽をご紹介したいと思います。


現代音楽って、聴いたことございますか?

20世紀後半以降のクラシック音楽のことを現代音楽と呼びます。

テレビなどでも紹介されているのは、ジョン・ケージの「4分33秒」でしょうか?



この現代音楽はですね~、普段聴きなれたクラシックの枠を、ドカーーン!!と越えてくるような音楽がたくさんあるんですよ!
面白すぎて、他のインストラクターに書き途中の記事見られそうになった時は「面白いから見ないで~~~~!!(笑)」と隠したくらいです。


新しい音楽へようこそ!

ぴあのんびり通信、はじまります~!

どこからが現代音楽??

そもそも、なぜ現代音楽というのでしょうか?

その秘密は、クラシック音楽の時代分けが関係してきます。
クラシック音楽は、時代や作風で大きく4つの時代に分かれるのです。

時代 年代 「あ~あれね!」ってなる名曲
①バロック音楽 1600年代から1750年代ごろ G線上のアリア/J.Sバッハ
『四季』より「春」/A.ヴィヴァルディ
②古典派音楽 1730年代から1820年代ごろ エリーゼのために/L.Vベートーヴェン
トルコ行進曲/W.Aモーツァルト
③ロマン派音楽 1800年代から1900年代ごろ 別れの曲/F.ショパン
愛の夢第3番/F.リスト
④近・現代音楽 20世紀初頭から現在 ミクロコスモス/B.バルトーク
春の祭典/I.ストラヴィンスキー

※近・現代音楽は明確な年代分けがされていなく、厳密には近代音楽と現代音楽に分かれていたりもしますが、ややこしいので今回はまとめて「現代音楽」としてご紹介します♪



さてさて。

①②③は、なんとなくメロディーが浮かんでくる方も多いのではないでしょうか?
注目して頂きたいのが④なのですが・・・どんな曲だか思い浮かびますか・・・?


はい、ストラヴィンスキーの春の祭典を持ってきました。
こんな曲です。

「あ~あれね!」ってなる名曲の中では、飛びぬけて「あ~あれね!」ってならない1曲ですね!(笑)

近現代の音楽はメロディーがはっきりしなかったり、無調だったりと、なんだか不思議な響きがするのが特徴です。

これはアリなの?!現代音楽4選

ここからは、ユニークすぎる現代音楽をご紹介しちゃいます!

①ギロ~ピアノのための/H.ラッヘンマン

ピアノ弾いてよ。

鍵盤を爪で撫でたり、弦を指ではじく内部奏法を使って演奏する作品です。
実は大学在学中に、後輩くんが演奏しているのを聴いたことがあるのですが、この微かな音や弦の響きはなんともいえない心地よさでして・・・。

興味深かったのもありますが、真剣に聴いてしまったのをよく覚えています。

②ポエム・サンフォニック/L.ジェルジュ

精神統一するのにいいかも。

メトロノームは楽器なのか?そう問いたくなる1曲です。
100個のメトロノームを、微妙にずらして鳴らし始めるので、徐々に音が減衰していくんですが、その様子がなんだか瞑想状態になりそうというか・・・違う世界に行けそうな・・・とにかく聴いて・・・。(笑)

③ピンポン協奏曲/A.アキホ

これもアリか!!

一時期ネットで話題になっていたので、もしかしたらご存知の方もいるかもしれませんね!

ざっくり言うと、舞台上で卓球してるんですよ、ほんとに。
私がSNSで見かけた時は曲の終わりだけ切り取られていたので、全部は聴いたことなかったのですが・・・。
よく聴いてみると、パーカッションに空きビンや卓球のラケットが使われていたり、途中からグラスで卓球していたりと、どこまでもユーモアあふれる作品でもうニヤニヤが止まりませんでした。

④タイプライター/L.アンダーソン

こりゃ楽しい~~!!

最後は私のイチオシの1曲!

いやちょっともう~~これ楽しすぎませんか???
タイプライターの軽快な音がオーケストラとマッチしすぎてワクワクしちゃって!!
タイプライターできっちりリズムを刻むのは思っているより難しいかもしれません。

最後に

いかがでしたでしょうか?

なかなかにユニークな作品をご紹介させていただきました!!

クラシックの歴史の中では、古典派音楽のように「きちんとした形式が美しい!」とされていた時代もありました。
それが、どんどん表現の幅が広がって現代音楽のような自由な奏法になっていると思うと、音楽って奥が深いなぁと考えさせられますね~。


音楽って、色んな楽しみ方があるんだなって思いました!

色々な楽しみ方といえば・・・

前回の記事でご紹介したリモート演奏動画、皆さんご覧いただけましたか~??
専門でも特技でもない指パッチンに挑戦してみたんですが、ちゃんと(音声編集の力を借りて)音が鳴っていて安心しました!(笑)



実は、もう1本リモート演奏動画をアップしているのでここでご紹介させてくださ~い!!

【どうぶつの森】あつ森メインテーマを楽器屋講師&店員が演奏してみた!

前回に引き続き、どうぶつの森シリーズ!

私はまたまた楽器ではない何かで参加しています。
ぜひご覧くださいね♪




というわけで!最後までお読みいただきありがとうございます!

また次回の更新でお会いしましょう~!

バックナンバーはこちら!

お問い合わせはこちら!

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

店舗名 島村楽器八王子店
電話番号 042-656-7321
音楽教室総合案内 こちら
担当 福森 聖奈

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

この記事へのコメント

  1. 旧姓会員No.1 より:

    今月もキッチリ2日に更新❗
    マメねぇ~ (。-ω-)

  2. Kabigon より:

    いまさらですけど、レッスンが再開されてホントに良かったです。

    リロイ・アンダーソンは、学生時代にタイプライターでよく真似てました。
    あんなにうまくベルは鳴らせませんけど・・・

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。