【ドラム】第2回:遂にYAMAHA EAD10がAndroidに対応!改めてその魅力に迫る

YAMAHA EAD10とは?

2017年に発売されたYAMAHA EAD10。EAD10の目玉機能の一つに、スマホアプリ「Rec'n'Share」と連携して、音声と映像を同期して記録できる、すなわち「叩いてみた」などの動画を高音質かつ手軽に作成できる、というものがありました。実はこの「Rec'n'Share」、これまではiOS版のみしかリリースされておりませんでしたが、遂にAndroid版がリリースとなりました!

Andoroid版「Rec'n'Share」のリリースで再び注目が集まるEAD10。ドラマーであれば誰もが所有していたいアイテムですが、その魅力について数回に分けた連載形式で迫ってみたいと思います。

第1回の記事へ戻る

第2回 EAD10の根幹!ドラムセット全体の音をバランス良く収音


EAD10を構成する2つのユニットのうちの一つである、ステレオマイク内蔵のセンサーユニット。これによってドラム演奏の収音が出来るのですが、コイツがかなりの優れモノです。スタジオでの個人練習で自分の演奏を録音するとき、スマートフォンの内蔵マイクだと音が割れてしまうことがよくあります。ハンディレコーダーを使う場合も、「どこに置こうか?」と迷った経験のある方は多いと思います。

では、EAD10はどうなのか?というと、カウベルを付けるように、バスドラムのフープに付けるだけ!たったこれだけで、驚くほどの高音質でドラムサウンドを録音できます。


内蔵のトリガーで、バスドラムのサウンドを手軽に作り込める!

EAD10の凄いところは、内蔵のステレオマイクがスゴイだけではありません。センサーユニットはバスドラムトリガーとして機能するため、多彩なバスドラムサウンドを手軽に作ることができます。CDで聴くようなバスドラムサウンドは、バスドラムにマイクを立てて収音しないと再現が難しいですが、トリガーで補うことで、迫力のバスドラムサウンドを簡単に作ることができます。


メインユニットのエフェクト機能で、さらに多彩なドラムサウンドに!

メインユニットを操作することで、ディレイやリバーブなどのエフェクトをかけてドラムサウンドを録音することができます。これらのエフェクトは、シーンという名前でプリセットも用意されているので、アリーナ会場のような残響感を簡単に加えることができます。


実際に使ってみた

以前、kitanoのチタンフープを紹介した際に作成した動画(記事もどうぞ!)がありますが、こちらの録音にはEAD10を使用しました。

録音に向けて特別にした事はありません。EADを取り付けてシーンを選んで、エフェクトを少し調整したくらいです。あえて言うならばチューニングをしたくらいです(これもレコーディングにおいては当たり前のことですね...)。これほど高音質と手軽さを両立した商品はEAD10以外ないと言い切れます。


第2回 まとめ

EAD10のすごいところの根幹として、「とにかく簡単かつ高音質にドラムサウンドを収音できる」ということが挙げられることが伝わりましたら幸いです。

次回は、これほど簡単かつ高音質にドラムサウンドを捉えられると、どんなときに役に立つのかを書いていこうと思います。お楽しみに!


第1回の記事へ戻る

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。