スタッフ松尾の吹奏楽図鑑Vol4【低音楽器の伴奏編その2】

皆さんこんにちは!
久々にチューバを吹いて衰えを感じている松尾です…
しっかりまた練習をして行きます!
さて、今回は前回に引き続き
伴奏の吹き方につい書いていきます!
て今回はクラシックとPOP'Sの伴奏の吹き方です!

クラシックの伴奏の吹き方

クラシックの伴奏の要は歌心です!
「なぜ伴奏に歌心が必要なの?」と思いませんでしたか?
それは伴奏も旋律と同じように抑揚を付ければならないからなのです❕
練習法としてまずコンデンススコアを見ながら伴奏を歌いましょう!
(☝この時はパート譜ではなく必ずスコアを見てください!)
その次に実際に楽器で吹いてみて感覚を掴んだら旋律の人と一緒に合わせることで抑揚を付ける感覚がついてきます!

POP'Sの伴奏の吹き方

POP'Sの伴奏の吹き方はどれだけ曲に乗れるのかというところになります!
曲に乗れないと伴奏が重くなり、気怠い曲になってしまいます。
POP'Sの伴奏はベースラインが要なのでしっかり曲に乗って楽しみ名がら吹きましょう!
また、伴奏だけではつまらないのでこちらをご紹介!
『これから君もユーフォ吹き&チューバ吹き!』

マンネリ化した伴奏の練習にちょっと一息つきましょう!

最後に

そろそろアンサンブルコンテストの時期となってまいりました!
皆さんはどんな曲をしますか?
毎年この季節になるとクリスマス時期楽しめずに部活で終わっていました…
と伏線をはったところで次回はアンサンブルに生きる吹き方について書いていきます!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。