【イベント】HOTLINE2011中四国ファイナル出場『クライム』機材紹介☆

こんにちは☆

10月1日に行われた『HOTLINE2011中四国ファイナル』から

早くも一ヶ月が経ちました。。。

季節もすっかり冬支度ですね。

今回は、広島祗園店代表の我らが『クライム』の機材を紹介させていただきます!!

まずはマイクの紹介です。

使用者 メーカー 型番
沖田新吾(ヴォーカル) ゼンハイザー ゼンハイザー935シリーズ
川島直樹(コーラス) シュアー bata58

画像

↑ゼンハイザー935シリーズ

ヴォーカルの音をナチュラルに表現。

フルメタル構造のボディはハンドリングノイズを排除し、

幅広いダイナミックレンジと周波数特性を実現。

画像

↑bata58

プロ仕様の音空間の創造やスタジオ・レコーディングのために生まれた、

スーパーカーディオイド採用、高出力ダイナミック型ボーカル・マイクロホン。

続いてはギターです。

メーカー 型番
Taylor Taylor214

画像

実は私もテイラーのギターを持っているのですが、生音は勿論のこと

ピックアップ内蔵なので手元でコントロールできるのが便利で良いですね☆

クライムは地元広島で主に活動しているユニットでしょっぱなからエンジン全開で

燃えていただきました。

アコースティックギターとヴォーカルだけとは思えないパワーのあるヴォーカルと

ギターの力強さが印象あるユニットでした。

二人とも二回目とあって程よい緊張といった感じでした。

島村楽器広島祗園店は『クライム』を応援しています☆

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。