ドラム科講師、舩尾先生のスティック事情を伺いました!!

皆さんこんにちは!!ドラム担当の日髙です!!

今からドラムを始めるとなったら、まず何がいると思いますか??
練習パッド?電子ドラム?。。。そうです!!スティックです!!

しかし初めてスティック選び。種類多すぎ!!!と思いませんか?

そこで、今回は当店のドラム講師の舩尾真伊年先生に伺ってみる事にしました!!

・舩尾先生

島村楽器モレラ岐阜店 ドラム・キッズドラム科 舩尾 真伊年(ふなお まいね) 講師

早速インタビューしていきましょう。

日髙「いきなりなんですが、舩尾先生は現在どんなスティクをお使いなんです?」

舩尾先生「最近はVATERのPower5AとSwingナイロンを使うことが多いね!」

日髙「PaworとSwingとはまた、全く別ジャンルのスティックですよね。どうしてその2つなんですか??」

舩尾先生「今はロックから、ジャズまで幅広く叩くことが多いんですよ。もともとは違うスティックを使ってたんだけど。。。」

なるほど、いろいろ理由がありそうです。これは気になる。。

ということで、舩尾先生のスティック変遷をまとめました!

・VICFIRTH 5A 、Pearl 7H、7A

初めは定番のVICFIRTH 5Aやジャズドラムを叩き始めたのもありPearl 7H、7Aなどの細めのスティックも使っていたそうです。テリーボジオとかの音源など聞いていたみたいです。世界最大級と呼ばれるドラムセットを使うドラマーですね!

・VICFIRTH 7A

本格的にジャズをやる中で、細目のスティックの、VICFIRTH 7Aや

ジャズフュージョンドラマーのピーター・アースキン、シグネイチャーモデルのVIC-PEなども使っていたそうな。

・VICFIRTH SD4

徐々にロックを叩く機会も増え、音の厚みを出すために軽く太めのこちらを使っていたとか。

確かに、メイプルのスティックなので細目のスティックと比べても重さが気になりませんね。

・VATER SweetRide

当時クリスデイブも使っていたスティックらしいです。細目ながら手元に重心があり、ジャズにもロックにも使えるという事で暫く使っていたそうです。ですが、長くに使っているとちょっとづつ気になる所が出てくるみたいで、このころから2種類のスティックを使い分けをするようになった仰っておりました。

・VATER 5B or VICFIRTH 7A、8D

ROCK用に重さが欲しいという事でPro-Markの5A、5Bなどを使っていた。

ジャズ用には逆に軽さが欲しくVICFIRTH 7A、8Dを使っていたそう。

ただROCK用とJAZZ用で太さ等違いがあり、スティックの持ち替えやりにくく感じていたそうで。。

・VATER Power5A or VATER Swing Nylon (現在使用中のスティック)

日々使うスティックの耐久性を向上させるためにナイロンチップのこちらに変更。

同じくJAZZ用もナイロンに変更したそうです。

また、ジャンルの違いでの持ち替えに対応し易いよう、VATERのコチラにしました!とのこと。

※チップがナイロンになりました!

なるほどなるほど!それで今はこの二つになったわけですね!自分のジャンルにあったシグネイチャーモデル等もどんどん試してみても良いのかもしれないですね。様々な種類を実際に使って比較するのが大切だという事が、なんとなくわかりました。

皆さんも自分にあったスティックを見つけてみて下さい!!

音楽教室 秋のご入会キャンペーン実施中!

秋のご入会キャンペーン

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

  • 電話番号・メールアドレスなど、個人情報につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。