【アコースティックギター】新入荷!Takamine LTD2018 gifu-cho

こんにちは。ギターの担当の井嶋です。

画像
井嶋

皆さん、Takamineってギターブランドご存知ですか?
岐阜県中津川市にある世界的にも有名なメーカーなんですが、

実は、毎年1本、限定モデルを生産しているメーカーなんです。
しかも、「岐阜」にゆかりのあるモデルです。
ちなみに、LTD2017 MAGOMEと、

LTD2016 DECOYです。

LTD2016 DECOYは生産完了しました。
LTD2017 MAGOMEは生産完了しましたが、当店に1本在庫があります。

さて、本題です。
今年はどんなギターなのでしょうか・・・・?

画像
なんと!!!本日、届きました!
まってましたーーーー!!!!!

さぁ開けますよ・・・・

画像
ドキドキ

ワクワク

画像
コチラが、今年のギター、
その名も

「LTD2018 gifu-cho」です。

ギフチョウ・・・岐阜蝶です!

このブログをご覧の岐阜県民の皆さん、ギフチョウってご存知ですか?
ギフチョウは1883年に岐阜県で採集され、現在ではレッドリストの準絶滅危惧指定、国の天然記念物指定を受けているアゲハチョウの一種です。

当店スタッフはギフチョウの存在をだれ一人知りませんでした・・・・・(´;ω;`)

さて、このLTD2018 GIFU-CHOはそんなギフチョウの繊細さを表現したギターです。
まずは見た目とスペックから。

画像
指板の上を優雅に舞うギフチョウ。
指板材は最近では希少種になってしまったエボニーを使用しています。

画像
ピックガードの上に可憐に羽ばたいています。
ボディ材は単板のシダー(杉)です。
通常シダーは赤褐色ですが、こちらのギターは薄い白色を塗っていて、蝶の優雅さを演出しています。

画像
サイド&バックはオバンコールです。オバンコールはローズウッドの音のようなレンジの広さ、マホガニーの音のような柔らかさがあると言われています。
限定品だからでしょうか、美しい杢目だと思います。

画像画像
ヘッドに使われているペグボタンも白に統一されています。

画像
サウンドホールの中には限定である証のラベルが。

さぁ!弾いてみましょう!

画像
まずは指でつま弾いてみました。
シダートップ+オバンコールですから音が繊細で綺麗です。
マーチンのマホガニーモデルのようなキラキラした音ですが高い音のえぐみは無く、優しく聞きやすい音です。

画像
次にストロークしてみました。
やっぱり高い音が綺麗です。
ですが、柔らかさもあります。
弾き語りなら、バラードや遅めのPOPが似合いそう。

画像
井嶋

いやー。今回のギターは見た目がカワイイ。そして音が美しい。
かなり贅沢なギターだと思います。

ぜひお試しにご来店くださいませ!

LTD2018 Gifu-choメーカーwebサイト
LTD2018|タカミネギター

モレラ岐阜店 アコースティックギター総合ページ
【アコースティックギター総合ページ】~岐阜県下最大級の品揃え!~ モレラ岐阜店 店舗情報-島村楽器

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。