Roland春の新製品発表会に行ってきました!

シマブロをご覧の皆様、こんにちは!
島村楽器ビビット南船橋店の瀬田です。
先日アメリカのCESショーやNAMMショーなどで発表になりましたRolandの新製品が見れる!
という事で、都内某所にて行われたRoland新製品発表会に行ってまいりました!
ミニキーボードやエレアコ用アンプやステージピアノなどなど魅力的な製品がこれから続々と
発売されます!発表になったばかりの新製品を大量に撮影してきましたので、写真たっぷり
大ボリュームで発表会の様子をお伝えいたします!

まずご紹介するのはコチラ!

かわいいルックスですが、サウンドは本格派!

GO:PIANO 4月発売予定
画像
サイズ的にはキッズ向けのコンパクトキーボードといった感じですが、
サウンドは本格派です。鍵盤もキーボードでは珍しい象牙調になっており、
高級感のある仕上げでした。
電子ピアノでも好評のBluetooth接続機能も搭載!
画像
ボタンの無いフラットなデザインもおしゃれです!

誰でもノリノリのグルーブが楽しめるキーボード

GO:KEYS 4月発売予定
画像

本格的なシンセサイザー音色など500種類以上のサウンドをコンパクトなボディに凝縮!
このGO:KEYSが面白いのは、鍵盤を楽器ごとに区切って指一本でグルーブを作り出せる事!
ロック・ヒップポップなどのループパターンが内臓されており、それらを組み合わせて
「誰でも簡単に楽しむことが出来ます」音程やタイミングも自動で揃えてくれるので本当に簡単です。
画像
四角いブロックを触ったり撫でたりするとDJ風のかっこいいエフェクトが掛かります!
セカンドキーボードにもおすすめ!

鍵盤弾きの瀬田がテンションMAXになった、新生ステージピアノ!

RD-2000 3月発売予定
画像
もはやステージピアノの定番機種として、数々のキーボーディストに支持されているRDシリーズが
フルモデルチェンジ!V-Piano Technology音源とSuperNatural音源の二系統の音源が搭載されています!V-Piano Technology音源のクオリティは絶品でした!
画像
ソフトシンセとの親和性がかなり高まりました!内部音源と外部音源を本体のボタンでシームレスに切り替え可能!マスターキーボードとしての使い勝手も向上しました!

アコースティック・ステージアンプに新しい仲間が加わります!

ACS-LIVE 2月11日発売
画像
ACS-PRO 2月11日発売
画像
それぞれ60ワットと120ワットの本格派ステージアンプの登場です!BOSSブランドでの登場という事で、クリエイティブな機能が満載!アコギの自然な鳴りを再現する「アコースティックレゾナンス」や、ボーカルにハーモニーを付加する機能など、BOSSらしいこだわりが詰まったモデルです。
画像
あらゆるステージで対応できるように端子も充実しています。

手のひらサイズのコンパクトサイズ!スマホ直結のミキサー!

GO:MIXER 3月発売予定
画像
スマホと直接接続できる、コンパクトミキサーiOS・android共に専用ケーブルを付属
最大5チャンネルを高音質にミキシング可能!しかもUSBバスパワー動作のため
ACアダプターも電池も不要です!

ハイレゾ対応のオーディオインターフェース Rubixシリーズ!

画像
2IN/2OUTのRubix22 4月発売予定
2IN/4OUTのRubix24 5月発売予定
4IN/4OUTのRubix44 5月発売予定
新開発のマイクプリアンプや入力のクリップを防止するハードウェアコンプレッサー/リミッターを搭載(Rubix22は非搭載)するなど使いやすいスペックに仕上げたインターフェースです。チャンネル数によって3モデルから選べるのが良いですね。

デスクトップに置けるコンパクトサイズモニタースピーカー

画像
MA-22(白いモデル)MA-22BT(黒いモデル) 4月発売予定
ノートパソコンと組み合わせても良さそうなコンパクトモニターが登場しました!
モニタースピーカーとしては数少ないフロントにコントロールノブがあるデザインは、使い勝手にこだわったポイントです。出力も20wx2と十分にあるので、幅広い方におすすめできる一台です。
ちなみにMA-22BT(黒いモデル)はBluetoothスピーカーとしてもお使いいただけます。

最後に、新製品発表会ならでは?のアイテムをご紹介します。
画像
スウェーデンのギターメーカーstrandberg(ストランドバーグ)とのコラボレーションモデルの
プロトタイプ!ギターシンセのディバイデッド・ピックアップを搭載したモデルでした。

非常に盛りだくさんな内容の新製品発表会でした!どれも魅力的な商品ばかりで発売が楽しみですね!個人的にはRD-2000がとても気になる一台でした。新しい可能性を追求し続けるRoland/BOSSに今後も注目です!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。