【2021福岡ギターショー】ブース紹介『Wedge Custom Instruments』『SUGI CRAFT』

みなさんこんにちは!アミュプラザ博多店の戸髙です!

いよいよ明日開催!!「2021福岡ギターショー」!!

今回は、株式会社エースケーブースにて展示する『SUGI CRAFT』『Wedge Custom Instruments』についてご紹介させていただきます!

日本の個人製作家がプロデュースする拘りのギターが展示されます!あらゆるプレイヤーの技術にしっかりと応えてくれる最高のギターを試せる機会です。

SWITCH Custom Guitarsのご紹介はこちら

Greven Guitars Japan、RAPTOR SYSTEMの紹介はこちら

SUGI CRAFT

杉田健司プロデュース(Sugita Kenji Acoustic Guitars)

富山県の個人製作家、杉田健司氏率いる『SUGI CRAFT(スギクラフト)』。元々、同工房にてチームビルドで製作されていたNougat(ヌガー)モデル。同氏による、幾度にも渡る製作行程チェックを経て、念入りに調整された上で仕上げられています。

Wedge Custom Instruments

Keystone Stringed Instrumentsを主宰するルシアー西 恵介氏が新たに手がけるNew ブランド、WEDGE。設計はもちろん、トップ、バックのブレーシングは西恵介本人が手掛け、国内ファクトリーにて組み上げた後、再びKeystone工房にて最終調整を経て仕上げられるプレミアムブランドです。

展示予定のラインナップ

New Nougat/Cutaway

日本を代表する個人製作家、杉田健司率いるSUGI CRAFT。 元々、同工房にてチームビルドで製作されていたモデル Nougat。同氏による、幾度にも渡る製作行程チェックを経て、念入りに調整された上で仕上げられています。そのサウンド、弾き心地は唯一です。

Keystoneブランドで最も人気があるMod-Dシェイプ。トップ材は西恵介自身がセレクトした高品質なジャーマン・スプルースを使用、Keystoneのデザインを元に専用のブレーシング設計、西恵介氏本人が全て仕上げています。素材へのこだわりは強く、弦振動をボディに伝えるサドルも密度の高い牛骨をセレクトしています。サウンドメイクに関わる部分(ネックジョイント、ブレーシング、指板、ブリッジ、ライニング)は全て膠で接着、ボディが一体になって振動する感覚を味わえます。フレット仕上げ時の擦り合わせによる研磨量を抑え、高さを最大限残すことで軽い押弦でも綺麗な発音を手伝ってくれます。ナットの角仕上げ、指板のエッジ面取りなど、細部まで丁寧に仕上げ、出荷時より低めの弦高にセッティング、まさにプレイヤー目線の仕上がりです。

ご不明な点等あればお気軽にお問い合わせ下さい♪

今回出店するブースのギターに関しまして、ご不明な点などございましたらお気軽にご相談ください!商品の詳細が知りたい等々、お問合せお待ちしております。また、人気のギターブランドのため現在大変品薄です。事前受注も承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい!

店舗名 アミュプラザ博多店
営業時間 10:00〜20:00
電話番号 092-413-5415
エースケーブース担当 戸高
備考 ご来場予約はこちらから!
Switchブースが窓口になります。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。