【2021福岡ギターショー】ブース紹介『MORRIS』

こんにちは!

今年の『モリダイラ』ブースを担当させて頂くイオンモール熊本店の土谷です!

モリダイラ楽器と言えば、有名な国内外含む50以上のブランドを取り扱う楽器の卸売会社で、1966年にモーリスを発表して以来様々なブランドを日本国内に流通させてきました。

たくさんのブランドを抱えるモリダイラ楽器だからこそ、他にはない唯一無二の楽器に出会えます!

私自身、ギターショー初参加ではありますが末永く使っていける最高の1本を選ぶお手伝いをさせていただきたいと思っております!

よろしくお願いいたします!

では、今回のギターショーでお預りする展開予定のブランドをご紹介致します!


展示ブランド

Morris

Morrisとは・・・

モーリス楽器の歴史は、その前身である「穂高」ブランドから始まっています。世の中がグループサウンズ全盛期、つまりエレキギターブームに涌いていた60年代に創業。アコースティックブームの始まりとともに、72年にはブランドを現在の「Morris/モーリス」に変え、工場の生産体制もアコースティックギターの生産に向けて改革しました。80年代中頃、バンドブームなどの音楽状況の変化でアコーステックギターの需要は激減し、一時はアコーステックギターの生産工程の維持も危ぶまれる程になった事もありましたが、地道に生産活動は継続。10年近い低迷期が経過した後、ハードロックバンドがバラードを演奏し、そこでアコースティックギターを使用するという意外な形で需要が出てきました。そして、長年培ってきたノウハウで再び復権を果たします。

「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない♪」のキャッチフレーズでも有名で、近年ではソロギター向けに制作されたSシリーズなども人気を博しています。

Morrisについてのより詳しい歴史やギター創りに対するこだわりについてはコチラから御覧頂けますので、是非チェックしてみて下さい。

出展予定のギターラインナップ

MORRIS R-14 SK LTD

ルシアーメイド ハンドメイドシリーズにて培われたアコースティックサウンドをPAシステムを通した場合にも生ギター本来のサウンドを活かすためにL.R.Baggs ( エルアールバックス ) / Anthem SLを搭載しました。

ステージ映えする赤いモデルです。サウンドだけではなくパフォーマンス用のギターとしてトータルコーディネートされた九州限定モデルになります。

今回のモデルの製作にあたりアーティストモデルなどを手掛ける手工ギター製作者の森中巧がさらに弾きやすくなるよう、ネック部を削って調整しております。

ラインナップは随時更新

ラインナップの詳細が入り次第、こちらのページを随時更新していきます!

会場での購入特典もご用意していきますので楽しみにお待ちください!

皆さまのご来場、お待ちしております!

お問い合わせはこちらまで!

些細なことでも構いません、気になった事があればお気軽にお問合せください。

担当 土谷
店舗名 イオンモール熊本店
電話番号 096-235-2555

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。