【2021福岡ギターショー】ブース紹介『HEADWAY』

みなさん、こんにちは!

今年はやってきました!2021福岡ギターショー!

昨年は開催中止となってしまったので2年ぶりの開催です!お待たせいたしました!

今回、初参加である『HEADWAY』ブースを担当させていただきます、島村楽器イオンモール直方店の朝倉です!

私自身、初参加ではありますが誠心誠意みなさまにとって最高の相棒選びをお手伝いさせていただきたいと思っております!宜しくお願い致します!

展示ブランド紹介

今回展示のブランドをご紹介いたします!

HEADWAY

1977 年創業、長野県松本市で一本一本こだわりのギター作り

マスタービルダー百瀬恭夫氏が1977年にスタートしたHeadway Guitarsは「一生涯を掛けて弾き続けて頂けるギターを作る」をいう信念を胸にギター作りを続けています。欧米の伝統のギター製作から学びながらも独自のギター製作の技法を開発、長い年月をかけて発展させてきました。40年以上経た今なお、より良いギターを作るために日夜研鑽を積み、技術の発展にあくなき向上心を持って取り組んでいます。 百瀬恭夫氏をはじめとしたマスタービルダーが手がける一本物の最高級ライン「Customshop」、経験豊かな飛鳥工房の職人達による「Aska Team Build series」、Headwayの職人精神を受け継いだ「Japan Tune-up series」や「Universe series」シリーズまで、幅広いラインナップを展開しています。

展示ラインナップ紹介

2021年 HEADWAYから夏にしか製作しない夏桜モデルをご紹介!

今年のテーマは風鈴と風。そこに夏桜モデルを象徴する、夏夜桜グラデーションを採用しております。さらに21年モデルからHEADWAYの最新ネックグリップのESU(エクストラスリムネック)を搭載。デザイン、サウンド共に拘りの詰まった限定モデルに仕上がっております!

2021年の夏桜シリーズは下記の2機種を展示予定です!

HD-Yozakura’21 Summer SF,S-ESU/ATB(NYGR)

王道のボディタイプですね。エクストラスリムネックの握り心地とあわせて桜材のサウンドをご堪能ください!

HF-Yozakura’21 Summer SF,S-ESU/ATB(NYGR)

上記モデルよりも若干ボディが小ぶりなタイプ。スケールも若干短く628mmを採用。小さめのアコギを探している方にお勧めです!

ラインナップは随時更新

ラインナップの詳細が入り次第、こちらのページを随時更新していきます!

会場での購入特典もご用意していきますので楽しみにお待ちください!

皆さまのご来場、お待ちしております!

お問い合わせはこちらまで!

些細なことでも構いません、気になった事があればお気軽にお問合せください。

担当 朝倉
店舗名 イオンモール直方店
電話番号 0949-29-2555


記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。