【第3の選択肢”RYOGA”】レスポールでもストラトでもない

新しい選択肢”RYOGA(リョーガ)"

レスポールでもストラトでもない新たなギターを探している方に。本日は”RYOGA"をご紹介します!

RYOGAとは何ぞや?と知らない方もおられると思います。RYOGAは島村楽器がプロデュースしているブランドです。

↓↓この特徴的な蜂のロゴが目印です。ちなみにこの蜂は日本を含む東南アジアの種『オオスズメバチ』をデザインしています。ミツバチではないですよっ


RYOGA=ライブパフォーマンスギア

RYOGA最大の特徴はズバリ「重量バランス」単に「軽い」「重い」ではなく。大事なのでもう一度言います「重量バランス」の良さ!です。

ストラップをつけると実感して頂けます。何とも言えないフィット感取り回しの良さ。ここにRYOGAの人気の秘密があるんではないでしょうか。

もっと動きやすく、もっと弾きやすく、そのパフォーマンスを最大限発揮させてくれる正にライブパフォーマンスギア。

アジア人の体格でも扱いやすい楽器を

現在普及している楽器のほとんどは主にアメリカ人が設計した楽器が世の中のスタンダードになっていました。

どうしても日本人には少し大きいと感じてしまうこともあり楽器をあきらめてしまう方もなかにはおられたのではないかと思います。

RYOGAはそんな悩みを解決すべく、既成概念にとらわれることなくゼロから再構築した新たなスタンダードと言えます!


JPOP・ROCKを意識したモダンなサウンド

キレスピード感のあるサウンドがRYOGAの特徴です。

クランチからドライブサウンドにおいても低音部分でさえも輪郭のはっきりした引き締まったトーンを出力してくれます!

RYOGAが目指すのはバンドアンサンブルでの抜けの良いサウンド

オリジナルピックアップの開発にも力を入れていてギターの最も魅力的な周波数にフォーカスしてデザインされているため、例えばバンドアンサンブルでも各パートが干渉することなくバランスよく響き抜けの良いサウンドが体感できることでしょう!

ここまでバンドアンサンブルを意識したサウンドメイクをしているブランドは他にないのではないでしょうか。


数多くのアーティストが使用しています!

バンドアンサンブルを意識したサウンドメイクは数多くのアーティストの支持を得ています!

RYOGA使用アーティストを少しだけ紹介!⇩⇩

・エンドウアンリ/PELICAN FANCLUB

・ヤマサキセイヤ/キュウソネコカミ

・芳賀義彦/ギタリスト

・宮脇俊郎/ギタリスト/ギター講師

・古賀隼斗/KANA-BOON

などなど、、、

若い世代のバンドマンの使用率が高いようです。

まさにこれからのブランドと言えるのではないでしょうか!



デジマートにも掲載中!!

【RYOGA HORNET-G3/TREM】

プロ・アマチュア問わず人気なRYOGAを代表するモデル。限定3本製作の特別仕様

⇓⇓画像クリックでデジマートページへ



【BUMBLE-F6】

ギターヴォーカルの方にもお勧め!フロントにP90を搭載

⇓⇓画像クリックでデジマートページへ



『HORNET/LEC』

HORNETのコストパフォーマンスモデル!

⇓⇓画像クリックでデジマートページへ


この記事のお問い合わせは、、、

島村楽器福岡イムズ店 092-736-5610
エレキギター担当 漆谷(うるしたに)

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。