【2019福岡ギターショー】田渕ひさ子 スペシャルミニライブ開催しました!!

本日、最後のイベント田渕ひさ子 スペシャルミニライブを行いました。

竹内さんのミニライブもかなり人がいましたが、こちらも負けじと多くのお客様がいらっしゃいました。

開始数分前でこれですよ。

人気の高さがうかがえます。

ご本人が登場する前に簡単に田渕さんに関してプロフィール紹介をします。

~田渕ひさ子 プロフィール~
福岡県出身 1975年12月9日生まれ O型。13才でギターを始め19才でNUMBER GIRLに加入。紅一点のギタリストとして注目される。
その強烈なインパクトのあるギターは、ギター・マガジン誌が主催する“史上最も偉大なギタリスト100人”に数少ない女性ギタリストとして選出されるなど、今や日本のロック・シーンを代表する女性ギタリストの一人といえる。
02年NUMBER GIRL解散後は、自身がリーダーである toddle を始める。bloodthirsty butchers、LAMAなどのバンド活動以外にも、同郷の椎名林檎との発育ステータス、小谷美紗子のodani misako・ta-ta、磯部正文バンド、黒木渚、大森靖子、Bass Ball Bearなど多くのアーティストと共演している。他にも、楽曲提供やプロデュース、弾き語りなど活動の幅を拡げている。
15年には、初の弾き語りソロアルバム「note wo tojite」を会場・通販限定でリリース。16年にリリースしたtoddleの4th Album「Vacantly」は、初のセルフプロデュース作品として話題となった。17年には、待望の弾き語りソロアルバム「360°」を新たにリリース。

田渕さんが遂に登場です。

ここからでは、厳しかったみたいです。

場所を移動したら、こんな感じです。

顔が見えない…。

これはまた移動です。

しかし、どんだけのお客様が来ているか気になったので、関係者しか入ることが出来ないポジションに移動しました。

ここなら、見える。

こんなにお客様がいらっしゃいました。

田渕さんの人気の高さを感じます。(人気の高さって言葉2回目)

肝心なミニライブの中身ですが、演奏とトークを交互に交えながらでした。

時々、笑いの声がチラホラ上がってました。

最後の演奏が終わると会場から惜しみなく拍手喝采でした。

演奏終了後は、しばらく会場をウロウロしてたみたいです。

いよいよ明日で、ギターショーも最終日です。

まだ、来てないよって方はもちろんのこと、もう一回遊びにきたという方も大歓迎です。

最後まで楽しみましょう。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。