インストラクター林のClarinet Salon Blog♪Vol.5 ~湿気には気をつけましょう!~

Clarinet Salon Blog Vol.5

こんにちは!クラリネットインストラクターの林です♪
4月からゆるーく続けているこのブログも
気付けば5回目となりました。
内容や更新ペースがゆる過ぎるのではないかと
少々不安になってきました…。笑
このブログですが、一応2週間に1回
水曜日に更新しています。
是非水曜日にご覧下さい!

今回は梅雨の時期のクラリネットの管理について!

6月に入り、もうすぐ梅雨入りしそうな予感。
クラリネットを楽しんでいる皆様。
この季節は注意が必要です。
梅雨と言えば!湿気!じめじめしますね。
クラリネットは湿気や乾燥にとっても敏感で、
扱い方に注意が必要なんです。
管理を怠ると楽器(木)が割れてしまう可能性も…。

経験者(林)は語る…割れるととっても悲しい…

そりゃそうです…。大事にしてる楽器(木)が割れるんですもの。
私は数年前にクリスマスプレゼントとして
母に買ってもらってもらいました。
(今考えると凄いプレゼントですよね…。
本人には完全にサプライズでした。)
それから数か月間もなく割れてしまい、
せっかくの新しい楽器が…とショックだったのを
今でも鮮明に覚えています。
修理にも時間がかかりますので、割れない為の日々の管理の仕方と
割れを防ぐアイテムをお教えしたいと思います。

クラリネットの管理の仕方

①高温多湿の所に置かない

楽器をケースに入れていても、車の中や
冷暖房が効きすぎているお部屋に置くのも
楽器に悪影響を与えることになります。
なるべく高温多湿では無いところで保管しましょう。
また、練習される部屋もなるべく
冷暖房が効きすぎていない場所を選びましょう。

②組み立てた後に楽器を手であたためる&息を吹き込む

楽器の中と外の温度差が大きいと
楽器が割れてしまう可能性があります。
それを防ぐ為に
①楽器の表面を手で温める
②楽器に息を吹き込む
この2つを音を出す前に必ずしましょう。
この2つを徹底するだけでも割れを防ぐことが出来ます。
【注意!】手で温める時に強く楽器を握ると
キーが曲がりますので必ずやさーしく握ります!

③スワブをこまめに使って水分を取る

水滴はクラリネットの天敵です。
練習が終わって楽器をケースにしまう時に
楽器の中に着いた水滴をそのままにしておくと
割れてしまう事があります。
練習後はもちろん、練習中も
隙あらばこまめにスワブを通しましょう!

特に購入したばかりの楽器のは、管体がまだ
水気や湿気などに慣れておらず、割れる可能性がとても高いです!
新しい楽器も購入して年数が経った楽器も
管理には気をつけましょう!

オススメアイテムのご紹介!

その①湿度調整シート

楽器ケースの中の湿度を
楽器を保管するのに最適な湿度を
保ってくれるアイテムです。
使い方もとっても簡単!
シートをケースに入れる。以上!
これだけで湿度が一定に保たれ、
割れを防ぐことが出来ます。

Festi 湿度調整シート
商品名 湿度調整シート(クラリネット用)
値段 ¥1,296(税込)

こちらは小さなシートが2枚入っております。
花柄が綺麗なシートですね!
ケース内にバラして入れられますので
よりケース全体の湿度を調整してくれます。

モイスレガート 湿度調整シート
商品名 湿度調整シート(A6サイズ)
値段 ¥2,700(税込)

こちらは西陣織の柄が綺麗な湿度調整シートです。
カラーバリエーションも豊富で
柄もとても綺麗なシートです。
お気に入りの1枚を見つけてみてはいかがですか?

※上記の2つの商品は約2年で交換となります。
2年経ちましたら新しいシートへ交換し
年中楽器の管理に気を配りましょう!
※クラリネット以外の楽器用もあります。
お気軽にお問合せ下さい。

その②スワブ

楽器の中の水分を取り除く
クラリネットには必須アイテムです。
新しく楽器を購入さされる場合には付属品として
ほとんどのメーカー、機種に付いていますし
それ以外にもたくさんのメーカーから出ていますが、
その中からおすすめなものをご紹介致します。

メーカー アトリエ・トマアズ
商品名 クラリネットクリーニングスワブ
値段 ¥2,808(税込)

吸水力抜群のマイクロファイバーを使用しており、
しっかりと水分を取ってくれます。
また、管内に入れた時管内にしっかり密着して
水分をしっかり取ってくれます。
楽器本体と一緒に入れずに
ケースカバーなどに入れて保管します。
一緒に入れてしまうと楽器に湿気を与えます!

↑林も実際に使用しています。
色はピンク以外にも取り扱っていますので
お好きな色をお選びいただけます。

専用ポーチ付き。楽器ケース内でも清潔に保管出来ます。

また、スワブは定期的に洗いましょう!
洗わないと管内に汚れが溜まって
演奏に影響が出る場合があります。

湿気に負けずに楽しく上達しましょう!

なぜここまで林がここまで管理にこだわっているか…それは…
皆様の楽器が長く良い状態で使っていただきたいからです!
良い状態で使うと上達も早いですし
何よりレッスンや練習がとっても楽しくなるからです。
ジメジメした季節に負けずに
一緒に音楽を楽しみましょう!

電話をかける

レッスン・このブログについてのお問い合わせ

店舗名 ミュージックサロン福岡
電話番号 092-741-0678
担当 クラリネットインストラクター 林

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。