レジェールリードセミナーwith西尾貴浩(B.SAX)

レジェールリードセミナーwith西尾貴浩(B.SAX)が10月28日、福岡イムズ店スタジオにて行いました。

プロの奏者や音大生、吹奏楽部の中でも新定番となりつつある樹脂製リード、レジェール。

当日は、大盛り上がりだったのでその模様を一部公開します。

予約制だったので、来れなかった方にも少しでも参考になればと思います。

まずは、開始前はこんな感じです。

画像

画像

西尾さんのご紹介です。

画像

まずは、挨拶含めての演奏です。

画像

いきなり、素敵なsaxの音色でした。

思わず、今回楽器のセミナーかと感じましたが今回はレジェールリードです。

とはいえ、そもそもレジェールリードとは何でしょう?って思ってる方や知っているけど詳しくわからないなどあるかと思いますが、簡単に言えば、樹脂製リードになります。
これまでは、ケーンリードと言って木でしたが、樹脂で出来ているのものになります。

レジェールリードの魅力をいろいろ解説されましたが、特に重要な部分として4つだけ上げます。

レジェールリード 4つのポイント

レジェールリードの魅力は、4つだけです。

1. 半永久の寿命

レジェールは樹脂製リードなので、割れたり欠けたりしない限りは半永久的にお使いいただけます!
(通常のケーンリードの寿命は2~3週間と言われています。)

2. 水分もへっちゃら!

温度や湿度の影響を受けないので、蒸し暑くジメジメの夏でも、空気が乾燥したカラッカラの冬でも、
状態が一定に保てます。もちろん水洗いも可能なので、衛生的にお使いいただけます。

3. 番手の豊富さ

レジェールの良さはなんといっても番手の豊富さ!通常のケーンリードで、
『2.1/2じゃ薄いけど3じゃ厚いなあ・・・この"間の厚み"があれば!!』と悩まれたことはありませんか?
レジェールは"間の厚み"があるんです!ぜひご自身にピッタリの番手を探してみてください♪

4.番手交換制度

やっぱり一つ上の番手の方がよかったかな~・・・と思われた時でも大丈夫!レジェールは1度だけ番手交換が可能です♪(※交換に関しては規定有り)

どのようなシーンで使えばいいの?

「いざ、本番の時に良いリードがなくて困った・・・」という方もいらっしゃるはずです。レジェールは
コンディションを気にすることなく、すぐに演奏できますので、1枚持っていると、いつでも安心して本番に臨めます!

ザックリとこんな感じですが、実際のセミナーではメリット、デメリットを伝えながら分かりやすく面白く西尾さんが解説、演奏しました。

画像

画像

木と変わらない感じが伝わったのでは、ないでしょうか。

最後は、レジェールリードは、3種類ほどあるので、吹き比べで終了です。

画像

画像

西尾さん曰く、プロの演奏家もかなり使っているなどのエピソードを交えながら1時間30分終了です。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。