プラグキャップはサックスの友

こんにちは!管楽器リペアの鈴木です!

今回はサックスのプラグキャップについてお話しようと思います。

さて、プラグキャップとは?

画像

じゃん!

この黒いプラスチックのパーツです。

さて、この子をどこに使うのかと言うと・・

画像

このネックとのジョイント部へ、ケースにしまう時に使用します。

役目としては・・・

◎ケースに入れた時のガタつき防止

◎オクターブキィの曲がり防止

この2点です。

たまになんだか分からなくて捨てちゃう!なんて方もいらっしゃいますが、

このプラグキャップがないと・・・

画像

こんな風にオクターブキィが飛び出るような形になってしまい、

オクターブキィの曲がりを発生させてしまいやすくなるのです!

画像

あららら・・・

ここまで曲げてしまうともう、修理してある程度までなおすか、

パーツを交換するしかありません。(´・ω・`)

修理するとなるとどうしても歪みは残ってしまいますし、

場合によっては溶接のし直しも・・・(≡д≡) ガーン

(ちなみに今回は曲げ修理をして溶接までしました・・・)

画像

うーん、やはり若干歪みが残ってしまっています。

楽器をしっかり守るためにも

絶対に忘れてはいけないキャップなのです!!!!

ちなみに、このオクターブキィを完全ガードしてくれる

ブラボーキャップなんてのも発売しています!

画像

きっちりガードされてますね~

店頭でお試しもできますので

プラグキャップがない、ケースを変えてガタついてるかも・・・なんて方はぜひお試し下さい!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。