ATELIER Zセミオーダー&エフェクターボード作成レポ

こんにちは。今回ご紹介するのは以前お客様よりベースのセミオーダーとエフェクターボードを作成したのでさっそくご紹介していきたいと思います。今回はお客様のこだわりがたくさん詰まってますので、ぜひ最後までお楽しみください!

ATELIER Zセミオーダー

画像
今回はbeta4をベースとしたセミオーダーで作成しており、お客様のプレイスタイルをフルに発揮できるベースに仕上がりました。

お客様のコメント

このベースでこだわったところは、色とツマミです。元々beta4はミドルが電池パックの中にあり調整がしにくいので、それを前に取り付けました。色はVintage naturalにしました。beta4のスリーハンドEQをFULLにいかしたベースです。

エフェクターボードのご紹介

画像
今回はかなり時間をかけてお客様と何度も試行錯誤しながら作成しました。その結果、お客様のご要望を全て兼ね備えた究極のボードに仕上がりました。

お客様のコメント

このボードでこだわったところは、様々なジャンルにでも使えるものにしたということです。DARKGLASSのコンプはかけっぱなしで、スイッチャーを使いAGUILARやSansamp、M80 Bass D.I. +を使い分けることによって、音を変えます。使っているベースがATELIER Zでかなりパワーがあり、曲のジャンルが偏りがちなので、AGUILARを使い音を丸くすることによってバラードなど激しくない曲にも合うようにしています。Sansamp、M80 Bass D.I. +は同時に作動するように組み込んであります。それによってかなりバキバキなスラップ向けな音にしています。曲中にブーストをかけることもあり、ノイズが多くなるので、それをDECIMATORⅡで抑えるようにしています。オーバードライブは原音を保ったまま、しっかりと歪ませたかったのでwest woodのオーバードライブを使っています。コンプも同様にベース本来の音を大事にしたかったので、原音をほぼ変えずに整えてくれるDARKGLASSにしました。それに加えDARKGLASSにはATTACKのツマミがあるので、スラップのサムの音もしっかり響かせてくれます。

最後に

お客様も今回のベース、エフェクターを非常に気にいって頂き、次回のライブでは思いっきり楽しめそうとのことでした。いずれはもっとエフェクターを強化するとのことで、またこのような形でご紹介していこうと思います。

お問い合わせ

店舗名 島村楽器 イオン福岡店
電話番号 092-939-1670
担当者 長藤

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。