“メガネっ子ドラマー” 長藤・河野~ドラム☆生活~ 14ビート目「夏に向けて!オススメのカホンマイクご紹介!②」

画像

久々の更新になってしまいました...^^;イオンモール福岡店の河野です!こんにちは!

早速ですが、前回に引き続き、Roland EC-10Mの応用した使い方を紹介していきたいと思います!!
前回の記事はこちら↓

①外部トリガーを使用して演奏をする。
EC-10Mの本体側面にあるTRIGGER INの部分に
画像
電子ドラムなどのキックパッドを接続することで、、、

画像

画像

カホンに加えスプラッシュシンバルカウベルなど他の打楽器の音を出したりすることが出来ます!
PADモードの延長線上の使用方法になりますね。
2つまでつなぐことができるので、
この使い方で両手だけでなく足も使って演奏することができます!
ドラムなども演奏される方だとより演奏しやすいと思います!!

②エフェクターを繋いで演奏する。
エフェクターとはエレキギターの音を変えるアレです!

画像

ギタリストの方が踏んで音を変えているのをよく見ますね。ドラマー、パーカッショニストには少し縁遠い物ですが…
コレをEC-10Mに繋ぐことで、EC-10Mで変えた音をさらに変化させることが出来ます!!
画像
これはかなり便利だと思います!!

EC-10Mだけでも豊富な音源をさらにエフェクトをかけて変化させて使用できます!

画像では、カホンでも分かりやすく使えるエフェクトのディレイリバーブを接続しています。画像

他にも色々なエフェクトを是非お試しして頂きたいです!!

③アコギなどその他の楽器に繋いで演奏する。
アコギの演奏でボディを叩いてパーカッションのように使用されたりする方も多いですよね??

画像
画像

アコギのサウンドホールにマイクを繋ぐことで、EC-10Mの音色を使ったパーカッションサウンドを使うことが出来ます!!

他にもクリップマイクを付けて、叩いて、音が拾うことが出来るような物だと、EC-10Mの音色を使って演奏することも可能です。
試しに、店頭にあるジャンべに付けてみました

画像
画像

音を拾って、ジャンべの音とEC-10Mの音が一緒に出てきます!!

ティッシュの空箱などにも繋げて、演奏できるのではないでしょうか…?(笑)
今回、試せてないのですが、是非試してみたいところです!

このようにマイクをつないで音が拾えれば、楽器以外の物を楽器として使うことも可能かもしれません!!!(笑)

カホンマイクとしてだけでなく幅広い可能性を秘めたRoland EC-10M皆様、興味をもっていただけましたか?

島村楽器 イオンモール福岡店では、入ってすぐの場所で実際に音を出してお試しいただけます!!
是非お店に遊びに来てください!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。