“メガネっ子ドラマー” 長藤・河野~ドラム☆生活~ 13ビート目「初心者必見!スティックの選び方!」

画像
こんにちは。
今回は初心者必見!!
よく問い合わせを受ける『スティックの選び方』についてご紹介します。
たくさんスティックがある中で『どのスティックを買えばいいのだろう・・・』と悩む方が多いと思います。私も最初はスティック選びに苦戦しました。今回は私なりにスティックの選び方についてご説明しますので参考にして下さい('ω')ノ

材質

ヒッコリー

適度な堅さと重さでコントロールしやすく、多くのドラマーが使用している木材です。芯のあるクリアなサウンドで初心者にもお勧めのスティック材です。

オーク

ヒッコリーに比べて重い上に、堅さがあります。若干コントロールしづらいため注意が必要です。パワフルで太いサウンドが特徴なので、ハードな音楽に適した素材です。耐久性にも優れております。

メイプル

軽く、手にしっとりと馴染む質感が特徴です。この3種類の中では一番軽い材質になり、軽やかなサウンドが出ます。音量を控えた演奏にも適しており、ジャズドラマーに人気の材質です。ライドシンバルを叩いたときのサウンドは最高に気持ちいいです。折れやすいのが難点のため、ハードヒッターには不向きです。

チップの形状

画像
4種類のチップ形状と特徴をご紹介します。

①ボール型

音のバラつきが少なく初心者にお勧めです。パワーロスも少なく扱いやすいです。音量がそろいやすく、安定したサウンドが得られます。

②卵型

柔らかめの音色が特徴です。細長い卵形状なので打ちこむ角度により音の微妙なコントロールが可能となりますが、初心者には扱いこなすのがやや困難です。

③丸型

音の均一さ、バランスの取り易さはダントツで一番です。ただし、音のニュアンスは平坦になりますので、音が変化しにくいです。

④ナイロン

パワフル、アタック感が強調されます。シンバルなどのサウンドも変化するので狙った使い方に最適です。ライドシンバルの音はナイロンで叩いた音が個人的に一番好きです。

スティックのサイズ

太さや長さがスティックによってバラバラです。スティックを実際に握って、太さや長さを確かめる方法が一番ベストですが、平均的なサイズをご紹介しますので参考にして下さい('ω')ノ

長さ

400ミリ前後がオススメです。長すぎるスティックはコントロールが難しく初心者の方にはオススメしません。

太さ

ヒッコリー材やオーク材は太いと重くなりますので、14ミリ前後をオススメします。

スティックのオススメ組み合わせ

ジャンルに合わせてオススメの材質とチップ形状の組み合わせをご紹介します。

ロック・パンク

ヒッコリーまたはオーク×ボール型または丸型
定番の組み合わせですが、かなり扱いやすくオススメです。

ポップス

ヒッコリー×ボール型または丸型
癖のなく叩ける組み合わせとしてオススメです。

ジャズ

ヒッコリーまたはメイプル×卵型
アクセントの付けやすい組み合わせです。ジャズの定番な組み合わせの一つです。

ハードコア・メタル

オーク×ボール型
私が一時期使っていた組み合わせです。パワー感があり、この手のジャンルにはこの組み合わせが最強です。

もし、スティック選びに悩んでいる方がいれば、いつでも相談下さい(^^♪
あなたにとってベストスティックを一緒に選びましょう!!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。