“メガネっ子ドラマー” 長藤・河野~ドラム☆生活~ 4ビート目 「ドラマーの必需品!チューニングキー①」

画像

皆さんこんにちは。
最近、メガネを買い換えました河野です。
画像
これで再びメガネっ子ドラマーとしてこのブログを更新していけます。(笑)

今回、お話致しますお題は、「チューニングキー」です!
個人的には、ドラムを始めるにあたって、
スティックの次に買うべきアイテムだと思っています。

なぜかと言いますと、実際にスタジオに入りドラムを叩くときに、以下のようなことが起こり得るからです!

①スネアやタムのチューニングがおかしい、ボルトが外れている。
画像
最初ほうは、チューニングがおかしい。などの事は、もしかしたら分からない場合もあるかもしれませんが...
あからさまにスネアやタムのボルトが外れているとき(なかなか無いとは思いますが(笑))などに
スネアやタムのボルトを取り付けるのにチューニングキーを使います!
画像

②チューニングキーを使わないと角度を変えたりする事が出来ない場合がある。

これは必ずしもではないのですが、パーツによってはチューニングキーを使わないと角度調節のネジを緩めたり、しめたりする事が出来ない場合があります!
他にも色々ありますが、Pearl社のタムホルダー(バスドラムとタムをつなぐパーツ)など
画像

せっかくのドラムを叩く機会なのに、叩きやすい状態でドラムを叩くことが出来なくなってしまいます!

③ペダルのビーターがはずれてしまった!
画像
ペダルを踏んでいたらビータ―が外れてしまうこともたびたびありますが、
そんな時、ペダルにビータ―を取り付けるネジもだいたいチューニングキーを使って回すタイプのネジが多いです。
画像

他にも色んなパターンがありますが、チューニングキー1つ持っていれば役に立つ場合が非常に多いです!!

色々な種類のチューニングキーがあるので、紹介していきたいのですが、
紹介していくと、かなり長くなりそうなので...(笑)
今回はチューニングキーは大切という事をお伝えして、
次回の私の更新の回に色々な種類のチューニングキーを紹介していこうと思います!
次回更新まで待てないという方がいましたら、島村楽器 イオンモール福岡店に遊びに来ていただけたら、
ご説明いたしますので、ご来店の際に、私、河野までお問い合わせください!!

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。