島村楽器 ✖ 黒澤楽器 ~Martin Fair 2017~

画像
こんにちは。
島村楽器イオンモール福岡店の長藤です。

今や世界中のアコースティックギターの原点ともいえる「Martin」ですが、何と。来たる3/20(日)当店スタジオにて一日限定のプレミアムな大展示会の開催が決まりました。その本数何と20本以上!ギターショークラスのラインナップで皆様をお待ちいたしております。

さて、アコースティックギター代名詞ともいえる「Martin」アコギ初心者の方や音楽が好きな方は、何となくですが聞いたことはあるのではないでしょうか??どんなメーカーなのか興味のある方は是非読んでいってください。知っている方も軽くおさらいです。

創業は1833年、もう一度言いますよ?1833年です。日本でいえば江戸時代、アメリカだと映画でよくある西部劇。そうです、とてつもなく長い歴史があるのです。現在ではお馴染みのアコースティックギターですが、ガット弦(クラシックギター)しかなかった時代、スチール弦ギターの開発、それに伴う補強の為のXブレーシング、全体構造の見直し等、現在のアコースティックギターの根幹を作り上げたといっても過言ではありません。その功績は非常に大きく、アコースティックギターのグローバススタンダードと言われても納得ですね。

そんなMartin社ですが、長い歴史の中で最も成功をおさめた000(トリプルオー)、D(ドレッドノート)始め様々なモデルが多数存在しています。

Martinのアコースティックギター歴史はO(シングルオー)から始まりました。非常に小ぶりでかわいらしい印象があるためか女性に人気があります。そして音楽の大音量化と共にギターの大型化が進んでいきます、D(Dreadnought)BODYドレッドノート・ボディ、00(Double-0)BODYダブルオゥ・ボディ、000(Triple-0)BODYトリプルオゥ・ボディ、M0000(M/Quadra-0)BODYM/クゥアドラオゥ・ボディ、J(Jumbo)BODYジャンボ・ボディ、OM(Orchestra Model)BODYオーエム・ボディ等のギターが登場しました。イニシャルのアルファベットはボディのタイプだったのですね。こうして時代と共にニーズもコンセプトも変化していき現在まで続いているわけです。

どうですか?ほんの少し興味わいてきたんじゃないでしょうか?

今回の展示会では、スタンダードなモデルから普段見ることが出来ない貴重なモデルまで、たっぷりとご覧頂けるようになっておりますので、見に来るだけでも楽しめるかと思います。

それではお店でお待ちしております。お気をつけてお越しくださいませ。

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

*のついた入力エリアは必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。

※HTMLは使用できません。