【エフェクターボード】パパ&まりあ専用エフェクターボードが完成!!

究極のアコギ用エフェクターボードが遂に…

皆さまこんにちは!アコギ大好きイベント大好きの清水です!
すっかり治ったと思っていた花粉症ですがそんなに甘くはありませんでした!
若い頃より随分とマシにはなったんですけどね…やっぱりこの時期は辛いです!
とは言え季節は春!私、春は大好きな季節なのでございます!
大嫌いな花粉と上手く付き合いながら春を満喫したいと思います!

さて、タイトルにもあります通り当店イベントの常連中の常連パパ&まりあのエフェクターボードが完成しましたので取り上げさせて頂きました!
究極のボードと言っても過言では無い仕上がりになっており、私も感無量でございます!


パパ&まりあ専用エフェクターボード

いやー!かっくいー!まりあパパと相談しながら少しづつ手を加え、漸く完成しました!
それではどこがどうなっているかを少しづつご説明して参ります!

先ずは肝心要のボード本体!ここをどうするかはボード組む上でかなり重要なポイントです!
そこで私がチョイスしたのはTEMPLE AUDIO DESIGNという知る人ぞ知るエフェクターボードのブランドです!

そう、以前にこちらもイベント常連のおばぼん氏のボードをプロデュースした時に登場したブランドです!
まりあパパからエフェクターボードのご相談頂いた時からTEMPLE AUDIOにしようと決めておりました!
堅牢なボディにも関わらず軽量でセッティングの自由度も高く取り回しの良いエフェクターボードなのです!
一般的なエフェクターボードはマジックテープで固定するものが多いのですが、両面テープがはがれたりエフェクターの重みでマジックテープがはがれたりと何かと面倒になりがちでした。
しかしこのボードは無数に空いた穴の裏からエフェクターに取り付けたアタッチメントにネジで固定するだけ!工具も不要!位置の微調整も超簡単!なので組むのが楽しい!
それでは次にどんなエフェクターをチョイスしたのか?にフィーチャーしていきまっしょい!


L.R.Baggs / Venue D.I.

出ました!アコギプリアンプの決定版とも言えるベストセラーL.R.Baggs Venue D.I.です!
プロの現場でも高い評価を得ており、プリアンプ・ダイレクトボックス・5バンドイコライザーに加えチューナー(ミュート機能付)やブーストスイッチまで網羅したオールインワンな1台!
プリアンプに関してもご相談頂いた段階で完全にこれに決めておりました!ルックスも機能も最高です!


L.R.Baggs / Align Series

お次は空間系エフェクターでございます!こちらもL.R.BaggsのAlign Seriesで統一しました!
右からCHORUS・REVERB・DERAYを先程のVenue D.I.のSEND / RETURNに接続しております!
アコギに使う空間系エフェクターならこれしかない!ということで迷わずチョイス!それぞれが極上のサウンドです!
そして何と言ってもこのルックス!ちょっとかっこよすぎやしませんか!
工芸品さながらの木目調の筐体がエフェクターということを忘れてしまいそうにさせられます!


TC Helicon / Play Acoustic

続きましてはパパ&まりあの紅一点、ヴォーカルを務めるまりあちゃん用のヴォーカルエフェクターTC Helicon Play Acousticでございます!
こちらは高品位なヴォーカルエフェクターに加えエレアコも接続出来てしまうヤツなのです!
そして接続したギターのコードに追随してハモリを生成、ヴォーカルに自然なハーモニーを加えてくれるという優れもの!
もちろんハモリ以外のエフェクトも多数!ただでさえ表現力豊かなまりあちゃんのヴォーカルが更にパワーアップすること間違いナシですね!


DigiTech / TRIO

こちらは以前に購入して頂いたものの、あまり陽の目を見なかったDigiTech TRIOです!
ルーパーのような位置付けのエフェクターですが実は全然使い方が違います!
ギターで録音したコード進行に合わせてベースラインとドラムをイイ感じに作ってくれる超便利アイテム!
しかもジャンルやテンポも設定できるので多種多様なパターンのトラックが作れちゃうのであります!
Aメロ→Bメロ→サビのような展開も予めパターンを用意しておけばフットスイッチで切り替えが可能!イイ感じにフィルインも入れてくれちゃうんです!
パパ&まりあがバンドサウンドでステージに立つ日もそう遠くない!かも!


VITAL AUDIO / POWER CARRIER VA-08 MKII

不覚にもパワーサプライの写真を撮り忘れてしまいました!今回使用したのは見た目もカッコよくコスパにも優れたVITAL AUDIO POWER CARRIER VA-08 MKIIです!
実はボードの裏側に他のエフェクター達と同様の方法で固定されて頑張ってくれてます!まさに縁の下の力持ち!
今回選んだエフェクターはメーカーも消費電力もバラバラなのですがこいつのおかげで安定した電源が供給できております!


Free The Tone / SL-4L-NI-10K

エフェクター同士をを接続するパッチケーブルにはフリーザトーンのソルダーレスケーブルをチョイスしました!
半田(ソルダー)づけが要らない(レス)でソルダーレス!ケーブルを好きな長さにカットしてプラグに差し込み、ネジで固定するだけ!
既製品のパッチケーブルは微妙に長かったり逆に微妙に短かったりする場合が多く取り回しが良くない事も少なくありません!
ソルダーレスの良い所は丁度良い長さのパッチケーブルを簡単に作れちゃうというところなんです!フリーザトーンなので音質も折り紙付きです!


INPUT / OUTPUT

実はこのエフェクターボードはサイド部分が脱着式のプレートになっていて入出力端子をマウントできるようになっているのです!
純正パーツが手に入らなかった穴を開けてもらったりケーブルを自作したりと難儀しましたがこんな感じでカッコよくスマートになりました!
ボードの裏側は複雑な配線になっていますがステージに持ち込んだ時の煩わしさはナッシング!
ボードを足元に置いてケーブルをさすだけ!まるでマルチエフェクターばりの取り回しの良さが実現しました!


ミニイベント神(バッファ)

エフェクターボードを組んだことがある人には分かると思います。そう、隙間を埋めたくなるアレです。
しかし今回は他に欲しいエフェクターもなく無理に増やす必要もないんじゃないかということになり、空いたスペースにはちっちゃいイベント神を貼っておきました。
これで『パパ&まりあはいつでもイベント神が見守っていますよ』という安心感を提供します。さしずめ心のバッファと言ったところでしょうか。間違って踏まないでね。


ご満悦のふたり

紆余曲折を経て無事に納品!パパも私もニッコリ!じゃないですね(笑)でもこう見えて二人ともめちゃくちゃ喜んでます!
私も完成させることが出来て感無量です!そしてとてもいい経験&いい勉強になりました!まりあパパに至ってはこのボードを肴に酒を飲むんだと言ってました(笑)
このエフェクターボードをステージで使って頂けるのが楽しみです!パパ&まりあのイベント出演は要チェックですね!


この記事を書いたのはこの人

清水(孝)

持ち前のバイタリティーとキャラクターを活かし"イベント神"の名を欲しいままにしてお茶の間を賑わせたり賑わせなかったりしている。
好きなアーティストはTHE YELLOW MONKEY・フジファブリック・斉藤和義などなど(多過ぎてキリがない)の邦楽ロックミュージシャン。
好きなお笑い芸人はさまぁ~ず・サンドウィッチマン・笑い飯・ナイツなどなど(多過ぎてキリがない)の日本のおじさん芸人。
ネクタイ(50本以上持ってる)やジャケットも大好き。生涯のパートナーとも言うべきアコギはGibson J-50。あと声量オバケ。


お問い合わせ

店舗名 島村楽器ららぽーとEXPOCITY店
電話番号 06-4864-8290

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。