ピアノインストラクター灰田瞳の日記~haidairy(ハイダリー)~12 Jul 2019

皆様こんにちは。
島村楽器イオンモール筑紫野店ピアノインストラクターの灰田 瞳(はいだ ひとみ)と申します。
大人の皆様のための予約制ピアノレッスンを担当しております。
私がモルディブで生活をして感じたことを綴った『モルディブ漂流記』とは別に、現在の私のこと、イベントやレッスンについて情報を発信したいと思い、灰田の日記~haidairy(ハイダリー)~を始めました。
こちらもお付き合いください。
よろしくおねがいします!

Bossa Novaが聴きたくなるとき…それは晴れた日の朝に、まったりお茶をしているとき。
またはドライブするとき…雨の日だって合います!

そんな、ボサノバ…の父と呼ばれた、歌手でギタリストのジョアン・ジルベルト氏が6日リオデジャネイロの自宅で亡くなったことがわかったそうです。
享年88歳。

ボサノバとは、サンバを原型とした心地よいリズムとサウンドが特徴の音楽様式(ジャンル)の一つです。
1950年代中期にリオデジャネイロの若手ミュージシャンの間で作られ、その後世界でブームになりました。
ちなみに、Bossa「隆起、こぶ」Nova「新しい」を意味し、Bossa Novaとは「新しい傾向、新しい感覚」という意味になります。
1940年代サンバ音楽に関する俗語として、他とは違った独特な作品を作る人に対して「あいつのサンバにゃボサがある」などと使っていたそうです。

そして、ボサノバが生まれた年と言っても過言ではない、ジョアン・ジルベルトの1stアルバムが1959年に発表されました。
世界遺産的名作と言われています。
代表曲は、ボーカルが当時の奥様アストラッド・ジルベルトと共演した『イパネマの娘(作曲はアントニオ・カルロス・ジョビン)』です。
現在、会員様に『イパネマの娘』を取り組まれている方がいらっしゃいます。
今も人気の作品です。

『ジョアン・ジルベルトを探して』という映画が8月24日より全国順次公開されます。
2008年のコンサートを最後に公の場から姿を消したジョアン・ジルベルトのドキュメンタリー作品です。
気になりますね~。

本日はここまで…。
またの更新をお楽しみに!

レッスンのご案内(予約制・ソルフェージュ)

ソルフェージュサロン詳細はこちらから!

レッスンのご案内(予約制・大人のピアノ)

ピアノサロン詳細はこちらから!

お問い合わせ

音楽教室へのお問合せや体験レッスンのお申込など、お気軽にご相談下さい。

⇒島村楽器イオンモール筑紫野店音楽教室の総合案内はこちら!

店舗名 島村楽器イオンモール筑紫野店
イオンモール筑紫野公式ホームページ イオンモール筑紫野のHPはこちら
電話番号 092-918-1040
担当 灰田

記事に掲載されている情報は、掲載時点の情報です。イベント情報、商品情報、在庫状況など、掲載時点以降に変更になっている場合もありますので、あらかじめご了承ください。

コメントを書く

必ずお読みください

  • コメントを送信すると、名前・本文に入力した内容がこのページ上に表示され、どなたからでも見える状態となります。
  • 不特定多数の方が閲覧する可能性がありますので、電話番号・メールアドレス等の個人情報は書き込まないようご注意ください。
  • 個人の特定につながる内容が記載されている場合はコメントを削除させていただきます。その他コメントガイドラインについてはこちらをご覧ください。(新規タブで開きます)
  • HTMLは使用できません。